2017年02月09日

たいにーの動静っ中年・9月第五週(9/26〜10/2)〜輝け、明日の栄光を掴む者たちよ

輝く千両役者の傍らで

日本ハム、4年ぶり7度目のパリーグ制覇。
しかも優勝決定試合は、ミスター二刀流・大谷翔平が15奪三振1-0完封勝利という、脚本家が用意したようなシナリオを元に、千両役者な仕事をこなして、見事優勝投手に。

しかし、光あるところに影あり。
大谷の存在が大きくなればなるほど、対照的に、元祖甲子園エース・斉藤佑樹の存在がかすんでいく。いや、むしろその『かすみ加減』がクローズアップされていく、というべきか。

ただでさえ、甲子園で覇を争った同期・田中将大がメジャーで活躍し、イヤというほど辛酸をなめている。よもや同チームの大谷と対比されることになろうとは。今シーズンは、野球以外のこと(ポルシェおねだり騒動とか)でも、プチスキャンダル的に取り扱われたのは、間違いなくマイナスイメージとなっていよう。

果たして、斉藤佑樹投手の再起の芽はあるのか。
クライマックスシリーズで見せ場はやってくるか。
そもそも、一軍のマウンドに姿を見せる日はやってくるのか。

このまま『かませ犬』で現役を終えることのなきよう、期待したい。

他人の痛みが分からない子供たち

9月中旬、大阪府で、釣り人が海(突堤で)から突き落とされるという事件が発生。
それも2件。

被害者は、それぞれ別の場所で釣りをしていた13歳の男子中学生と、56歳の男性会社員。いずれも背中を突き飛ばして海中に叩き落としたとのこと。この影響で、男性会社員は、全治2週間のけがを負っている。

写真で見た現場もそうだが、突堤って、水面からかなり高いところにあるイメージがある。幸い、二人とも自力で陸に上がれたからよかったようなものの、最悪の場合は溺れていた可能性もある。

捜査の末、捕まった犯人は、こともあろうに、大阪府内在住の男子中学生4人組。
いわく「人が海に落ちる瞬間やびっくりする顔、溺れる顔を見て楽しもうと思った」とのこと。

こういった子供たちの心境としては、さしづめお笑い番組の『いじめる側』の立場にでもなったようなつもりだったのだろうか。『人の嫌がることは、してはいけない』という、道徳の基本精神を、どこかへ置き忘れてきたようにしか思えない。

仕返しがよくないというのは百も承知だが、この子たちには『突き落とされる』経験を、身を持って味わっていただき、そのつらさと、自分たちが行った行為の非常識さを痛感してほしいと考えてしまう。この件については、『子供だから』(しょうがない)というレベルを超えているような気がするのだが……。

慰安婦をネタに、たからずには生きていけない隣国

昨年末、電撃的に合意に至った、日韓慰安婦問題。
これに対し、韓国側が「首相からの謝罪の手紙を求める」などの追加措置を要求すると通達があった。

当然ながら、日本はこれに反対。
なにせ当の問題は、両国間では『最終的かつ非可逆的』に決着済みである。これ以上、この問題で日本が韓国に行うべき義務は、何もない。

そこへきて、追加の謝罪要求とも言える、この要請。
兼ねてから言われている『動くゴールポスト』を、いみじくも国自らが大手を振って実践してきた格好だ。万が一、この求めに応じたところで、その次に「ならば追加賠償を」「誠意を見せろ」と続くのは、火を見るより明らかだ。

韓国がやっていることは、交通事故を起こした犯人に対して、その容疑者の子供、孫、ひ孫と、子々孫々に渡り、半永久的に謝罪を要求するようなものである。誰かが謝罪し、賠償したところで、代が変わればまた謝罪要求、謝罪がなければ反省がない、歴史を否定しようとしている……以下、繰り返し。これのどこが未来的思考だというのか。

前にも書いたが、韓国にとっての『日本の反省』とは、ありったけの金を賠償金として差し出し、国土の1/3ほどを韓国に割譲し、天皇陛下と日本政府が韓国国民の前で土下座をして謝ることと思っていい。これだけやって、なおかつ韓国の国力が、日本よりも圧倒的に上だと自覚できるようになって、初めて『許してやろうかな』という気になるレベルだろう(許すと言っちゃうと、それ以上たかれなくなるので)。

歴史を忘れた民族に未来はない。
かの国で頻繁に使われる言葉である。
であれば、かの国には「穿った歴史しか見えない民族に未来はない」と言う言葉を送るほかあるまい。

 

今週のオマケ。
Kさん、職場を去る。

グラスを片手に仕事の将来を語った日々

続きを読む
posted by たいにー at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月08日

千葉発のたまご専門店・とよんちのたまご元住吉店のプリンとバウムクーヘンを食す

私がしばらく鳴りを潜めていた間。
武蔵小杉や新丸子に比べ、その変化の度合いがより大きかったのは、元住吉ではないだろうか。

メインストリートたるブレーメン通り/オズ通りの各商店街も、毎月のように、どこかの店が抜けては、新しい店が現れる。このブログで紹介しているお店も、いくつの店が消えて行ったことか。
#メンテナンスできてなくてスミマセン……

そして今日もまた、新たなお店が誕生する。

とよんちのたまご 元住吉店

コチラのお店、店頭の花輪が示す通り、できたてほやほやのお店のご様子(1月27日オープンだとか)。
元は『蜂の家 元住吉店』(現在はお向かいのビルに移転済み)があった場所に、新たなビルが建ち、その一階テナントとして入っている。

『とよんちのたまご』は、千葉県を中心に、元住吉店を含めて6店舗を展開。
母体となっている会社は、房総半島・九十九里の近くに位置する、千葉県旭市に本拠を置く、豊和養鶏場(株式会社Houwa poultry farm&T.T)。お店の名前からして、『とよわ』か『とよかず』かと思ったら、これを見る限り『ほうわ』なのね。

中に入ってみると、メニューやショーケースなどは存在するが、お店の奥は、商品やプレートが山積みになっていて、いかにも直売所的な感じ。いささか雑然とした雰囲気は否め
ないが、『無駄な工程を踏んでない』という感じ方もできる。

特濃たまごのお値段は、特売品たまごの約4倍

さてさて、こちらのお店の看板商品は、というと。

た〜まご〜、た〜まご〜、た〜っぷり〜、た〜まご〜(そりゃ『たらこ』だ)。

看板に偽りなし。メインとなる商品は、あくまで卵である。
卵だけでも、三種類用意されており、

  • 王卵(特濃) 410円/10個
  • 豊卵(濃厚) 360円/10個
  • 白卵(あっさり) 260円/10個

とある。
うーん、ほとんど特売でしか卵を買わないウチにとっては、まさに高嶺(高値)の花だ。
ただ、これだけ卵をウリにされると、どんな味がするのだろう、と興味も湧いてくる。

残念ながら、この日はすでに卵を買ったあとだったので、今回はパス。
じゃあ、他の商品は……と見渡してみると。

プリンがある。
バームクーヘンがある。
温たま(温泉卵)もある。
うん、これらはウチにはない。買ってみようじゃないか。

卵は次回に、スイーツは今すぐに

で、買ってみたのは、以下の商品。

おとなプリン(チョコ)とバウムクーヘン・カット(とよんちのたまご)

左がプリン、右がバームクーヘン。

プリンは、最高級の王卵を使っており、かわいらしい卵型の容器に収まっている。
プレーン、チョコ、抹茶とあった中から、今回は『おとなプリン』とも称される、チョコ味をチョイスしてみた。

おとなプリン・チョコ(とよんちのたまご)

あけてみると、カカオパウダーとチョコレートソースが、カラメルのような感じでプリンを覆っている。一見してプリンとは分かりづらい外観だ。

おとなプリン・チョコ(とよんちのたまご)

いただいてみると、プリンそのものは濃厚。チョコソースとカカオパウダーの甘さがさほど強くないため、プリンの卵感を損ねずにいる。ただ、せっかくプリンの食感がつるんだけに、パウダーのざらっと感が気になってしまう。味わい的にはいいバランスなだけに、ちょっと残念。

また、プリンの固さは、割と緩め。持ち運び時にぶんぶん振ると、中がぐちゃぐちゃになっちゃうかもしれない、それくらいの緩さだ。

なお、前述のレギュラー商品以外にも、季節のプリンがあるそうで、私が伺ったときには『かぼちゃのプリン』があった……はずなのだが、残念ながらすでに兵(つわもの)どもが夢のあと。売り切れてしまっていた。かぼちゃのプリン、食べたかった……。

で、その悲しみをいやすために、というわけではないが、バウムクーヘンも食べてみる。
さすがにホールサイズはド迫力だし、ハーフもそこそこ大きそう。まずは小手調べということで、カットサイズで、いざ、お味見。

こちらにも、最高級・王卵が使われているとのことだが。
んはっ、これは……。
しっとり〜&ふんわり〜。
卵を、よりダイレクトに感じられるお味。んでもって、こちらも甘さ控えめなのはポイント高し。バウムはその甘さと食べ応えゆえに、あまり量を食べられないイメージがあるのだが、これだったら、ハーフサイズもいけたかもしれない。

というわけで、この日のおやつは、それなりに贅沢、そして十分に満足。
ごちそうさまでした。

自分も食べたい(もらいたい)手土産の有力候補

『卵がウリ』と書きつつ、今回はデザート方面に終始してしまった。
次回はぜひ、卵も買い、可能であれば、『ふつーのたまご』と食べ比べしてみたいものである。
やはり王道は、たまごかけごはんか。

各種デザートの気になるお値段だが、プリンは概ね270円前後、バウムクーヘンは1カット約200円、ホールで約1300円、ハーフはだいたいその中間くらい。

気軽にいただくには、ややお高めでは、ある。
しかしながら、お値段だけでなく、満足感も高いので、たまの贅沢や、あるいはお友達などへの手土産には最適かもしれない。

私も、誰かの家に遊びに行くときの手土産候補に入れておくとしよう。
最大の問題は、これを持っていくにふさわしい友人は誰か、というところだが……。
むしろ、どなたか、ワタシに持ってきてはくれまいか。

posted by たいにー at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元住吉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月06日

たいにーの動静っ中年・9月第四週(9/19〜9/25)〜わが道をいざ往かん、鮭(酒)を片手に

四国(手抜き)酒巡りの旅

『四国酒トリップ』なるイベントに参加してきた。

四国各地の酒蔵さんを一堂に集め、さまざまな銘柄を試飲しながら、四国グルメを楽しむ、東京にいながら四国を堪能できるイベント。この夏、四国で鮮烈な日本酒行脚をしてきた私としては、もう行かない手はない。

確かに、各地のお酒は、おいしかった。
料理も、ご当地感のあるものばかりで、特色豊かだった。
ただ、イベント全体の運び方に難アリ。

当然ながら、酒販関係者が数多く招かれて(あるいは参加して)いることもあって、顔見知りの方々で盛り上がる場面が非常に多い。ときには、一般の参加者を置いてけぼりにしているケースもみられ、多分に『内輪ネタで楽しんでいる』感が目立った。

もう一つ、ご当地料理を小分けで提供してくれるのはありがたいのだが、原則として食べ放題なので、取ったもの勝ち、食べたもの勝ち。参加費5000円という安くない料金を払いながら、これといった食事にほとんどありつけないという人もいて、不公平感があった。クーポン制にすればよかったのに……。

とはいえ、あれやこれやの不満や改善点は、初めてのイベントにはつきもの。
扱う素材は一級品なだけに、ぜひともこれらを心行くまで楽しめるような空間を準備していただきたい。

ま、そこまで要求するなら、四国行けよって話になるんスかね、やっぱ。

民進党新代表の荒ぶる船出

民主党あらため、民進党の新代表となった蓮舫氏。
その新代表の元、あらたな党人事を発表。

党幹事長に野田佳彦前首相。
民主党時代の国対委員長として権勢をふるっていた安住淳氏は、代表代行に。
野田政権で首相補佐官を務めた大串博志氏が、政調会長に。

言わば旧執行部、もっと言うと野田グループによる党政務といってよい。
一部では『飲み友達人事』とまで囁かれるほど。

自分のやりたいようにやる、ということであれば、この人選も理解できなくはないが、それでなくても統一感に欠けることにおいては右に出る者(政党)のない民進党である。これで果たして党内融和が図れるのか。

一部の議員は、役職の要請を辞退したとも言われており、船出したばかりにもかかわらず、前途洋々とは程遠い荒れ加減。

蓮舫さん、あれでもう少し話術に長けるなど、政界の人脈を広げて行けるしたたかさがあれば違ってくるのだろうが、どうしても肩ひじ張ってるイメージが強い。

ここは一つ、ドジョウと称された新幹事長の泥臭さを見習ってみてはどうか。

ながらスマホ運転の悪行を正せ

トヨタ自動車とコメダ珈琲、愛知を代表する企業の二つが、運転中の『ながらスマホ撲滅』に立ち上がった。
ともに手を携えるのは、au(KDDI)。

具体的には、ながらスマホをしたら天罰を下す!
……といったものではなく、ながらスマホをしなかったら(スマートフォンを使わずに運転したら)特典を与える、という逆転の発想。

今回の場合は、特定のアプリを立ち上げたうえで、端末を伏せた状態で100km運転すると、コメダ珈琲の無料クーポンが取得できる。一見すると、とりたてて特別なことをしている(させている)わけでもないのに、ちゃんと恩恵にあずかれちゃう。愛知を代表する二大企業の、なんと太っ腹なことよ。

それにしても、だ。
歩行中のながらスマホだって嫌悪されるべき対象なのに、運転中など言語道断ではないか。
とはいえ、今回の施策は、通信会社だけでなく、自動車会社を巻き込んだところに意味がある。
自動車会社の協力なくして、運転中のながらスマホ撲滅はおぼつかないものだと、私は思うわけで。

 

今週のオマケ。
我が家に久々の来客アリ。

週末の宴は同僚とともに

続きを読む
posted by たいにー at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月05日

羽根つき餃子の名店が元住吉に登場、你好 恵馨閣(ニーハオ ケイシンカク) 元住吉店

餃子のメッカといえば、どこを思い浮かべるだろうか。
日本全国でいえば、宇都宮や浜松、東京界隈でいけば蒲田あたりだろうか。
これについては、武蔵小杉をはじめとする、川崎市中原区の出る幕は、あまりない。

……と思っていた。

ところが、この蒲田で有名な羽付き餃子の元祖・你好が、中原区に進出してきた。
場所は元住吉。

これは行ってみねばなるまい。
行ってみた。

你好は羽根つき餃子だけじゃない

場所は、スーパーえばらやのはす向かい。からあげ縁があった、あの跡地だ。

元のからあげ屋さんは、それほど広いイメージがなかったのだが、こちらは36席もあるらしい。
某週末のお昼時に行ってみたのだが、店内はすでに満員。入店まで10分ほど待つこととなった。

你好といえば、知る人ぞ知る蒲田の名店。
そして、上でも書いた通り、羽根つき餃子の元祖である。
……となると、こちらのお店に来たからには、餃子を頼まないと始まらない。
ワタシは、店頭で『本日のお得なセット』として紹介されていた、野菜タンメン+餃子のセットを注文してみた。

羽根つき餃子(你好 恵馨閣 元住吉店)羽根つき餃子(你好 恵馨閣 元住吉店)

まず運ばれてきたのが、看板メニューでもある羽根つき餃子5個入り。
焼き上がりから裏返し、羽の部分を表にした状態で供される。

かつて、蒲田の你好で羽根つき餃子をいただいたこともあるのだが……忘れた。
なにせ、もう10年ほど前の話になるゆえ。

ただ、改めて食べてみると、小ぶりながらも、餃子のあんは、みっちりぎっしり。肉汁じゅわっ……というところまではいかないが、食べごたえは十分にある。これは、ほかのメニューを頼んだとしても、やはり一皿は頼みたくなる(300円)。周りを見ると、二皿、三皿と頼んでいるテーブルもあるようで。

あとは、やはりこの羽根の部分のカリカリがよいですな。
さらに羽根のかけらが、一部取り残されるのだが、ついついつまんで食べちゃうのよね。

野菜タンメン(你好 恵馨閣 元住吉店)野菜タンメン(你好 恵馨閣 元住吉店)

そして運ばれてきた野菜タンメン。
「どん!」という擬音が似合うほど、ボリューム感のあるいでたち。

シンプルなラーメンに、中華野菜炒めがドカンと乗ってるイメージ。
味付け的にはシンプルなのだが、野菜炒めの油感がなかなかに強めで、中華らしい麺料理と言えるかもしれない。そして、麺も野菜も結構な量だ。『野菜』の名を冠するのは伊達ではない。

おかゆセット(你好 恵馨閣 元住吉店)

一方の家人は、こちらも店頭の看板にあった、おかゆセットを注文した。
鶏肉のおかゆに点心(小籠包、蒸し餃子、エビシューマイ)がついたセット。

おかゆが主体ということで、あっさりと食べられそうに見えるが、これもこれで結構な食べごたえ。
点心はどれも密度が濃いし、おかゆはとにかく熱い! 一口食べても、二口たべても、十口食べ進めても、まだまだ熱い! 家人は舌をやけどしたらしい。落ち着いて食え。

ただ、おかゆの味としては非常に気に入った模様。私も少しいただいてみたのだが、塩味控えめなうえに、しょうがを利かせた味わいがなかなかクセになる。中華粥のお店は、武蔵小杉界隈にもあるが、家人はこちらの方が気に入ったようだ。私はどちらも甲乙つけがたいかな。

人気店ゆえの魅力と難点

上でも散々書いたが、你好の料理は、とにかくボリューム感がある。
どれを食べても、量的に不満を感じることは、まずなさそう。むしろ頼みすぎには要注意だ。

周りのテーブルを見てみると、餃子はもちろんだが、チャーハンを頼んでいる人も多かった。こちらも見た感じてんこ盛り状態。一度は食べてみたいが、やや食が細り気味の私としては、いささか覚悟が必要になりそうだ。

難点としては、中華料理店特有のぺとっとした床と、店員さんの少なさによるオペレーションの悪さだろうか。改善されるかどうかは不透明だが、今後に期待といったところ。

ワタシがうかがった日は、若者カップルから高齢者夫婦、ご家族連れからおひとり様まで、非常に幅広い客層でにぎわっていた。餃子の名店というだけでなく、中華料理のお店として、コストパフォーマンスは高め。

できれば、思いっきりお腹を空かせて、そしてできれば3〜4人くらいのパーティーで、いろいろな料理を楽しんでみたい、そんなお店。
元住吉の人気店候補が、また一つ現れた格好だ。

posted by たいにー at 23:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 元住吉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年02月04日

たいにーの動静っ中年・9月第三週(9/12〜9/18)〜思ってもみなかった展開の吉凶やいかに

ビールも滴る、いいオンナ……とはならないわけで

毎度のごとく、仕事帰りにKさんと飲みに行く。
当初はある店に行くつもりだったのだが、歩いているうちに、フラッと気になる店が現れ、その扉を叩くことにした。今にして思えば、これがそもそもの間違いだったわけだが……

お店の雰囲気も悪くなく、料理も良好。
評価は上々に思えた。
しかし、ある事件によって、その見解は一変する。

店員さんが運んできたビールが、あろうことか宙を舞ったのだ。
カウンター席に座っていた我々の背後から差し出されるはずだったビールは、グラスが割れ、そしてその中身は、見事に我々の全身に……。

なんだ? この店は広島ファンの店なのか?
(註:先週、広島が25年ぶりのセリーグ優勝を決めたばかり)
私のスラックスくらいならまだいいが、(一応)女性であるKさんは、そう単純ではない。ブラウスからパンツから、ビールまみれになったうえに、匂いまで醸し出されるオマケつき。『かけられた』ではなく『ずぶ濡れ』のレベル。

何より最も気になったのが、後片付けと謝罪に終始するだけで、こちらの被害状況を確認しようとしなかったこと。クリーニング代はこちらから相談してようやく出てきたうえに、額はスズメの涙程度、お代は満額取られる始末。ビール臭い状態で、汚れを吹いている最中にも、平然と注文した料理を運んでくる(&去っていく)あの精神力は、なかなかのものである(皮肉です)。
当然、料理を出されても落ち着いて食べられる状態にはなく、ほとんど残すハメに。

ビールをこぼすことはあり得る話だし、悪意があったわけでもないと思うので、それはしょうがない。ただ、そのあとの対応が、どーにもこーにも。

そんなわけで、再訪確実になるはずだった店は、半永久的に私の地図から消え去ることとなるのであった。

東京ゲームショウ2016開催

この週末、東京ゲームショウが開催されていた。
……というのを、ニュースを見て初めて知った。
そうか、そういう季節か。

『PlayStationVR』の発売によって、今度こそVR元年の幕が切って落とされようとしているVR市場。その波は、先行していたスマートフォン分野でもいよいよ本格化の兆し。

ゲームの方向性としては、バイオハザードのような雰囲気の臨場感を存分に体感できるものと、美男子・美少女ゲームのように、人物が眼前まで近づいている人間的臨場感を楽しめるものとで、おおよそ二極化されている模様。

ニュースで少し拝見したが、後者のジャンルは、遊んでいる人のほとんどが、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)を付けた状態でニヤニヤしてしるという、他の人にはあまり見せたくない絵が。危険だ。

それにしても、かつては年二回開催されていたゲームショウ、しかも初期の頃は3日間開催で、その頃は魂を売ってでも幕張に足を運んでいたなんて時代がワタシにも。

だが、歳をとるというのは残酷なものなりて。

何かに熱中する(萌える)という気持ちは、ある時期になると、夢から覚めたように消え失せる、それが一般的には『オトナになる』ってことなのだ……と、どこかのエラいクリエーターさまがおっしゃっていた。

感受性が衰えたということか。退化は避けられないとしても、『燃え』や『萌え』を理解できるココロは、失いたくないものである。

将棋界の不思議なグローバル化

将棋のプロ棋士などが所属する公益社団法人・日本将棋連盟の公式サイトがリニューアルされた。
それ自体は(見づらくなったという評判はあるが)、大した話ではない。
問題は、同ページの英語版だ。

このページ、多言語化対応してはいるのだが、各国語版は、基本的にGoogleの自動翻訳エンジンに頼ったモノ。おかげで、たまにとんでもない訳が表示される。

そのトンデモ訳は、主に棋士紹介ページで炸裂した。
以下に、トンデモ訳の例(一部)をご紹介する。

  • 竜王(タイトル):Dragon King
  • 名人(タイトル):Expert
  • 佐藤天彦(現名人位):Sato Ten彦
  • 加藤一二三(現役最年長棋士):Kato one-hundred twenty-three
  • 森 雞二(人呼んで終盤の魔術師):Forest Keiji
  • 先崎 学(多芸多才な天才肌):Massaki Science
  • 堀口 一史座(シーザー由来の『かずしざ』):Kazufumi Horiguchi seat
  • 畠山 鎮(同時誕生の双子プロ棋士弟):Hatakeyama Town
  • 中座 真(中座飛車で升田幸三賞):Excused true
  • 北島 忠雄(奨励会を15年経験した苦労人):North Island Tadao
  • 片上 大輔(史上初の東大卒棋士):Piece Daisuke
  • 佐々木 勇気(スイス生まれのイケメン):Sasaki courage
  • 黒沢 怜生(NHK将棋記録係でおなじみ):Kurosawa laisser

加藤一二三九段は、もはや何が何だかわからない。one-two-threeではなく、わざわざ『百二十三』として訳されているところに、エンジンのセンスを感じる。
逆に森九段の『フォレスト・ケイジ』はカッコよすぎだ。

堀口一史座七段は『ほりぐち かずしざ』と読むのだが、英語の意味だけ見ると『堀口一史さんの席』。

将棋とは直接関係のないネタではあったが、ネット上は、この話題でにわかに盛り上がった。こういったことをきっかけに、プロ棋士がこれだけいること、名人のほかに竜王などの称号があることなどが、一般にも浸透していけば、もっけの幸いだ。

しかし、"Dragon King"か〜。
いやまあ、間違ってはいないのだろうけど、なんかイメージが……
永世竜王は "Eternity Dragon King"……ちょっとカッコよすぎなんじゃないの?


今週のオマケ。
エレベーター内の会話には、ご用心。

上司に刃向った者の末路

続きを読む
posted by たいにー at 13:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする