2017年10月25日

書きそびれていた武蔵小杉ランチ情報その3・100時間カレーAMAZING グランツリー武蔵小杉店

100時間カレーをご存じだろうか?
さらに言えば、すでに武蔵小杉店があるのを、ご存じだろうか?

厳密には、武蔵小杉店というよりは、新丸子店といったほうが適当な立地なのだが、そのあたりは戦略的な事情があるのかもしれない。いずれにしても、下記ページにて、弊ブログでも紹介している。

この系列店が、この度、グランツリー内にもオープンした。
よって、こちらは『グランツリー武蔵小杉店』となる。

武蔵小杉に二店舗。
いつぞや叫ばれた、カレー激戦区・武蔵小杉に真っ向から戦いを挑むかのような出店姿勢だ。
このチャレンジ精神(?)、嫌いじゃないぞ。

100時間カレーAMAZING グランツリー武蔵小杉店

かつて グランツリー武蔵小杉内にあった『霧島黒豚倶楽部』の跡地にオープン。
店名の通り、カレーライス、およびハヤシライスを売りにするお店である。

基本は新丸子にある武蔵小杉店(ややこしいな)と同じだが、価格帯を比較してみると、同じメニューでも、このAMAZINGの方が、ちょーっとだけお安い価格設定になっている。

こだわり野菜カレー(100時間カレーAMAZING グランツリー武蔵小杉店) 三元豚ロースカツカレー(100時間カレーAMAZING グランツリー武蔵小杉店)

上の写真は、こだわり野菜カレー(左)とロースかつカレー(右)。
写真が若干暗めなのは、露出を誤った+画像調整の手抜きのたまものだ。

ちなみに、新丸子の方でいただいたチキンカレーは、↓な感じ。

チキンカツカレー(100時間カレー B&R 武蔵小杉店)チキンカツカレー(100時間カレー B&R 武蔵小杉店)

新丸子は、ごはん皿とカレー皿が分かれる、古き良きセパレートスタイル。
ほーら、なんとなく豪華な感じがするでしょ?

おかげで、写真写りもなんとなくよく見えちゃうから、不思議。
価格の差は、こーゆーところに出ているのかもしれない。

お味のほうは、さすがに同じ(だと思う)。

 

グランツリー店舗は、さすがに立地のメリットもあってか、コンスタントにお客がついているイメージ。週末のお昼どきともなれば、行列も珍しくなく、5〜10人が入店待ちをしていることもざらだ。

ただ、そこはカレーショップ。
比較的、お客さんの回転が速いので、そこまで待ちくたびれるということはない(はず)。
新丸子同様、お持ち帰りもできるので、辛抱たまらんという方は、テイクアウトでどーぞ。

個人的な難点を一つだけ。
支払いが券売機オンリーになっている関係で、nanacoが使えないのが不満。
これは、グランツリーに入居している、比較的新しめの飲食店にみられる傾向。

せっかくセブンアンドアイグループが展開するモール内なのだから、せめてnanacoは使えてほしいところだが、ひょっとすると、その縛りをつけると店舗が入りづらいほど、候補の選定に四苦八苦してる、なんてことは……

posted by たいにー at 00:29 | Comment(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月24日

書きそびれていた武蔵小杉ランチ情報その2・ふらんす食堂M

武蔵小杉……というよりは、最寄り駅は向河原駅。
しかも、面しているのは南武沿線道路。武蔵小杉駅からだと、徒歩10分くらいかしら?

お店の名前は、ふらんす食堂M。

ふらんす食堂M(向河原)

お店は、座席10席と非常に小さな規模。
店内に入ると、そのキッチンの狭さも際立って見える、それくらいに小さい。

お店の方向性は、店名の通り、ザ・フレンチ。
しかし、この中で、フレンチと呼べる料理が出てくるのだろうか?
果たして、出てくるんだな、これが。

骨付き鶏もも肉の赤ワイン煮(ふらんす食堂M) 豚ロース肉の黄金焼き(ふらんす食堂M)

ランチは三種類用意されている中で、この日は、骨付き鶏もも肉の赤ワイン煮(左の写真)、豚ロース肉の黄金焼き(右の写真)を注文してみた。

骨付き鶏もも肉は、フレンチっぽくソースが凝ってる感じ。
一方の豚ロースは、ピカタのようでいて、こちらもコクのあるソースが料理を彩る。

ランチなので、選択肢はあまりないが、ディナータイムであれば、いろいろな料理が出てきそう。ただし、それでもキッチンの広さは変わらないわけで、あの空間から、どれくらいの可能性が料理として紡ぎだされるのかは、興味のあるところ。

残念ながら、まだ夜の同店は試せていないのだが、ぜひチャレンジしてみたいと思っている。

posted by たいにー at 07:42 | Comment(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月22日

書きそびれていた武蔵小杉ランチ情報その1・海鮮問屋 浜の玄太丸

復活宣言をしたものの、更新頻度があがらず、スミマセン。

当面は、休眠中に書きたかったけど書けなかった、武蔵小杉界隈の未掲載ランチ情報を載せていこうと思っている。ストックがかなりあるものでして。

内容的には『ちょっと』前の内容なので、ひょっとしたら書いているような内容が、今は存在していないよ、ということもあるかもしれないが、その場合は雰囲気だけくみ取っていただくということで、ご勘弁いただきたい。基本的に、この記事を掲載した時点では、お店はまだ存在しているはずなので。

#掲載候補に入れていながら、掲載前になくなった店もあるわけで。
#諸行無常ですなあ。

ということで、今回は東急武蔵小杉駅とイトーヨーカドーの間に位置する、浜の玄太丸だ。

海鮮問屋 浜の玄太丸

海鮮系の居酒屋として名を馳せる同店。
ランチも積極的に展開していて、なにより週末(土曜、日曜)を問わず、原則として無休で営業しているのがありがたい。日曜はお休みの店も多いだけに、結構お世話になっている。

海鮮丼(海鮮問屋 浜の玄太丸)煮魚定食(海鮮問屋 浜の玄太丸)

上の写真の通り、ランチでもやはり海の幸一直線。
海鮮丼に煮魚、焼き魚と、魚食べたきゃいつでも来やがれ状態。
特に、煮魚料理をお昼に食べられる店は限られるだけに、貴重な存在だ。

お店の前には、発泡スチロールの中に魚を泳がせる生け簀があり、同店のシンボル的な存在でもある。
道行く家族連れ、特にお子さんが、魚の動きに興味津々で足を止める……という光景も、もはやおなじみだ。

現代社会の食生活は、とかく栄養が偏りがち。
特に魚は、かなり意識的に食べようとしないと、口にする機会は少ないだけに、
「お昼に魚食べたいなあ」
という方には、お勧めしたいお店である。

ただ、個人的には、未挑戦のフカヒレあんかけチャーハンが、どうにも気になるわけで……。

posted by たいにー at 22:01 | Comment(1) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月09日

たいにーの動静っ中年・2017年上半期沈黙の顛末

みなさま、ご無沙汰しております。
たいにーです。

半年間ほど、ブログを予告なく休止させていただいておりました。
別にブログを書くのが嫌になったからとか、武蔵小杉を離れて記事を書くのがためらわれたとか、突然日本語の読み書きができなくなったとか、そういうわけではありません。

その顛末は、いたって単純。お仕事の関係でした。
もっとも、労働時間がかさむのは、私の要領の悪さもあるんですけどね……。

物理的にブログが書けない環境というわけではなかったのですが、とにかく目の回る忙しさで、とてもブログに割いている時間がありませなんだ。そもそも、おのれの自己満足のためだけに存在していたブログですので、時間がなければ、どうしても優先度は下がってしまいます。

ネタは大量にあったんですけどね。
どれもこれも、完全に機を逸した感があります。

で、今後なんですが、なんとか更新していこうとは思います。
ただ、以前のようなペース、以前のような文量は、おそらく無理です。
気が向いたとき、可能な範囲での文章で掲載、という形になると思います。

武蔵小杉界隈のお店(飲食店)レポートも載せていきたいですが、かなり断片的になってしまうかもしれません。そこはご了承ください。

というわけで、『死んでいません』程度の消息報告ではありますが、一応、復帰のご挨拶でした。
なお、過去の記事については、原則そのままにしております。

気が向いたら読んでやってもいい、くらいの心づもりで、よろしくお願いします。

posted by たいにー at 23:22 | Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年04月08日

たいにーの動静っ中年・12月第一週(11/28〜12/4)〜恐るべしクスリの魔力と威力

ASKA、再び容疑者となる

CHAGE and ASKAのASKA、覚せい剤取締法違反の容疑で逮捕。
2年7か月ぶり、2度目の逮捕劇である。

自分が盗聴・盗撮されていると自ら110番したのが発端だそうで、その後、尿検査をさせられて逮捕という、実にわけのわからない展開。

「おまわりさん、ウチ、盗撮か盗聴されてるみたいなんですよ」
「そうか、よし、まずはおしっことってみろ」
「ハイ、とりました」
「む、陽性反応が出たな、逮捕だ」
「がちょーん」

こんな感じか?

当の本人は、一貫して事実無根の潔白を主張。ただ、尿検査の陽性が出ちゃっている以上、前科のある容疑者を信じろというのは、土台無理な相談。

クスリだシャブだと騒ぎ立てずに、お縄につけばいい〜。
イヤ〜、イヤ、イヤ〜、イヤ〜イヤイヤイヤ〜。

いやもう「あんたバカぁ?」と言わずにはいられない、一連の捕物劇。
アスカ違いだけど。

※後日註
その後の調べで、このとき提出した尿は、実はお茶であったことを本人が証言。最終的には不起訴として釈放されている。しかし、中身がお茶だとはいえ、陽性反応が出たと警視庁は発表しているわけで、もう何が何やら。

痛みはのどから鼻へ

先週末、突如として勃発したのどの痛み。
薬を処方してもらい、快方へ向かうものと思いきや、今度は鼻の内外が荒れまくるという状態に。
しかも、のどの状態は、あまり改善されず。

薬の処方、間違ってんじゃねーか?

もやもやを抱えつつ、同じ医者に行ったところ、なんと同じ薬を追加で処方。
曰く、鼻が荒れているのは気にずるな、とにかく薬を飲み続けろということなんだけど。
ハイそーですか、と二つ返事では納得しかねるが、反論する材料も知識もないので、おとなしく追加の薬をいただいてくる。

ちなみに、荒れている鼻は、外側がすでにかさぶたになっており、会社ではことあるごとに、

「あれっ? たいにーさん、鼻どうされたんですか?」
「これ? 熊と戦ってやられたの」

というやりとりをするようにしている。
もちろん、誰も信じちゃいない。
こんなバカなことばかり言っているから、薬が効かないのかなあ……

忘年会シーズン突入

月も変わって師走・12月。
12月と言えば、いよいよ忘年会の季節。

会社でも忘年会したいねー、という話は内輪でよくするのだが、いかんせん、皆、多忙の身で、なかなか全員の都合をつけられる時間がない。

だったら、忙しくないはずの休日にしたら、どうだろうか?
果たして、私の案はあっさりと受け入れられた。

我々くらいの歳になると、大勢でどんちゃんやるよりは、少数精鋭、大声を張り上げることなく、全員が会話に参加できるくらいの規模がいい。

ということで、私を含めて職場の4名で、先週、勢いで忘年会やるよ宣言をしたお店で、ささやかな忘年会を開催。普段、22時過ぎにしか来れず、しかも2名で行くので大した量も種類も食べられなかったが、4名いるのをいいことに、気になったメニューを片っ端から頼み、片っ端から平らげる。

何をしゃべったのかは、よく覚えていない。
なぜなら、酔っ払っていたからだ。

酔っ払いは、すでに終電が終わっているにもかかわらず、果敢に湘南新宿ラインのホームに降り立ち、一人呆然と立ち尽くすのであった。
忘年会というのは、そーゆーものである(そうか?)。

 

今週のオマケ。
スマートフォン近景。
ただし、他人の。

周りのスマートフォンを見渡してみれば

続きを読む
posted by たいにー at 09:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする