2017年02月20日

ありそうでなかったイヤフォンの新体験、ambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤカフ)

イヤフォンに求めるもの。
それは音質であり、機能性であり、価格であり……と、人によってそれぞれだ。

機能性は、いかに音漏れがしないか、いかに原音を忠実に楽しめるか、いかに装着感が心地よいか、といった要素だが、いずれも特に目新しい要素ではなく、それぞれに秀でたからといって、際立って売り上げを伸ばす商品は、特にない。

だが今回、その『機能性』で話題となり、バカ売れ(死語)したイヤフォンが登場した。
それこそが、今回ご紹介するambie sound earcuffs(アンビー サウンド イヤカフ)だ。

ambie sound earcuffs(Toypu Brown)

この商品、発売から4日にして、初回生産分完売という事態に。
初回分として、どれだけの数をそろえたのかは不明だが、話題になっているのは確かだ。実際、ワタシが発売して最初の週末となった2月11日(土)に蔦屋家電@二子玉川店を訪れた際には、すでに在庫がないと言われてしまったほど。

なにが従来のイヤフォンと異なるのか。
それはズバリ、『耳の穴をふさがない』ことだ。

生活音になじむイヤフォンの音

ambie sound earcuffsは、耳の穴には装着しない。
耳の穴の直前に音の出力部が来るよう、耳に取り付けて使用する。
アクセサリのイヤーカフの音が出るバージョンという表現が一番近いだろうか。

ambie sound earcuffs装着時

耳の穴の直前まで音出力の小さなホースを伸ばしていくる、そんなイメージ。
たとえて言うなら、自分にしか聞こえないスピーカーを使っているような。

イヤフォンケーブルにはリモコンマイクも装備されており、スマートフォンでの利用を想定した作りとなっている。当然、使用中に接続されたスマートフォンで着信があれば、リモコンマイクを使っての通話が可能だ。

街中で使用していると、イヤフォンから聞こえてくる曲をBGMに、雑踏の音が別レイヤーで溶け込んでくる。
職場などでは(周りの音が聞こえなくなるため)、イヤフォンは絶対に使いたくないのだが、これだったら使っても迷惑にはならないかな、と思わせてくれる。もっとも、イヤフォンを装着しているという見た目の不快感(?)はどうしようもないが。

本製品の最大の特徴である、『耳をふさがない』点。
そのメリットは、二つある。

一つは、イヤフォンの音だけでなく、周囲の環境音が聞こえること。
普通のイヤフォンでも聞こえないわけではないだろうが、このambie sound earcuffsは、周りの音『も』聞かせるためのイヤフォンと言っていい。そのため、周囲の声も問題なく聞こえる。買い物のとき、レジのおねーさんの声を聴くために、イヤフォンを外さなくてもよくなる。

もう一つ、耳に密着しないので、耳孔が蒸れにくい。
ワタシ、できればジョギングするときにイヤフォンをつけたいと思っているのだが、周りの音が遮断されるうえに、耳の中が蒸れて、熱がこもりやすくなる感覚があるため、つけるにつけられなかった。だが、これならどちらの問題も解決されそう。

難点は付け慣れない耳輪への装着と低音、音漏れの心配は

音質的には、『ながら聴き』する分には、さしたる問題ない。
もともと『周囲の音とともに聴く』ことを前提とした商品なので、必要以上に音質にこだわる場合、このイヤフォンは向かない。

ただ、音量はいつも聞いているよりも大きめにする必要がある。
通常、MAX音量の50%程度で聴いているとすれば、70〜80%程度まで上げることになる。
加えて、低音が弱めに感じられるという点も、認識しておく必要がありそうだ。
中高域はしっかりした音作りなだけに、聴く曲によっては『軽く』聞こえてしまうかもしれない。

ぴったりと耳に装着するタイプのイヤフォンは、歩きながらだと、体の振動音が聞こえてしまうこともあるが、このイヤフォンでは、そういった問題は皆無だ。

電車の中での利用で気になるのが、音漏れ。
おそらく、通常の電車内、通常の音量であれば、さほど問題にはならないだろう。周りに雑音のない、静寂な環境で、ようやく何かが鳴っていると分かるレベルだ。

一方で、装着感の方だが。
イヤーカフを付け慣れているという人であれば、さほど問題はないと思う。
だが、ちょっと前まで、イヤーカフというアクセサリの存在すらも知らなかったワタシのような人は、付け始めはともかく、しばらくすると、装着箇所に圧迫感を感じるかもしれない。この場合の圧迫感は、鈍い痛みとも言える。

ま、それもこれも、慣れの問題だとは思うが。

そうだ、もうひとつ。
このイヤフォン、音が出力される部分(イヤーピース)が取り外せるようになっているのだが。

これが、意外と外れやすい。
イヤフォンを耳から取り外そうとしたときに、無意識のうちにイヤーピースが外れてしまうことも。
家の中ならともかく、歩きながら外れてしまうと、そのまま紛失……となる恐れも。

ambie sound earcuffs(本体とイヤーピース)

そのあたりを懸念してか、パッケージの中には、イヤーピースのスペアがワンセット同梱されている。
ただ、この構造は2度、3度と無くす可能性大だ。
イヤフォンとして機能させるための小型化のためには、やむを得なかったところもあるとは思うが。
今後、アタッチメントとしての一工夫が必要かもしれない。

(目下の)最大の悩みの種は、販路の狭さ

ambie sound earcuffsの現時点における最大の問題は、販路の狭さと言っていい。

『欲しい!』と思ったら、通販なんてまどろっこしいことは言ってられねぇ、足を延ばしてでも買いに行くぜッ! という人もいるだろうが、今のところ、販売しているお店は、

  • セレクトショップ・ロンハーマン (みなとみらい、大阪、千駄ヶ谷、京都、福岡)
  • 新宿伊勢丹・チャーリーバイス
  • 二子玉川・蔦屋家電
  • ambie オンラインショップ(通販)

という、ヒジョーに限られた場所でしかお目にかかれない。
そのへんの家電量販店に行けば買える、というシロモノではないのだ。

このあたりは、生産量もさることながら、商品コンセプトと、そのターゲット層が影響しているかもしれない。
取扱店舗は、いずれも価格や流通量よりも、商品の付加価値やセンスなど、従来の量販店とは一線を画した魅力を打ち出す店舗である。

今後、販路を積極的に拡大していくかというと、おそらくそれはなさそう。
少なくとも価格で勝負する路線には走らないはずで、ほかが作らないような独自のメリットを、より濃くしていく路線に終始しそうな気がする。そして、多少お値段が張ったとしても、そこに魅力を感じた人が購入する。あるべk市場の姿と言える。

今回のambie sound earcuffsに関して言えば、お値段は5,500円(税抜き)と、そこまでお高いというほどのお値段でもないのだが。

製品に注入されたソニー技術とWiLのノウハウ

このイヤフォン、開発したのは、『ambie』(アンビー)という会社。
2017年1月11日に設立されたばかりで、今回のambie sound earcuffsは、同社の製品第一弾となる。

効きなれない会社名だが、設立したのは、ソニービデオ&サウンドプロダクツとWiL(ベンチャーキャピタル)となれば、少しは背景がイメージしやすいだろうか。両社の共同出資で、『人と音の、関わり方を変えていく。』をコンセプトに、それぞれのノウハウを結集させる形で、この会社は生まれた。

上記のレビューをあらためて眺めてみると、メリットよりもデメリットが多いようにも思える。
だが、この製品の魅力は、数々のデメリットに目をつむって余りあるものがあると、私は思う。
もちろん、感じ方は人それぞれだが、正しく商品を理解したうえで買えば、決して損はしないはずだ。

前述のとおり、現在は品切れ状態となっている、この商品。
今のところ、予約受付中の段階で、配送は3月以降になるとのこと。

欲しい人にとっては『じれったい』日々が続くことになるが、とにもかくにも『ほかにはない』イヤフォンなのは確か。
できることであれば、購入前に蔦屋家電などで試聴してみて、実際にその聞こえ方を確かめてみることをお勧めする。そのうえで購入ボタンをポチっと押せば、あとから『こんなはずでは……』となる可能性も、低くなるというもの。

音質よりも『聴き方』にこだわりたい人に。
ぜひともこのイヤフォンで、新しい音の聴き方、聴こえ方を楽しみたい。

posted by たいにー at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447164811

この記事へのトラックバック