2017年02月19日

たいにーの動静っ中年・10月第三週(10/17〜10/23)〜足は引っ張られるためにあるのか?

ダメ、絶対、IDカードを無くすこと

次々と、そしてさまざまな事情で、人が抜けていく我が職場。
門出を祝うべき人もいるが、残された側には、厳しい現実が待っている。

悪いことは続くもので、先週、リーダーSさんが抜けたチームのメンバーが、セキュリティゲートを通るためのIDカードを紛失するという事件が発生、大問題となる。

これだけでも、おおごとなのだが……
さらに問題を深刻にしているのは、この紛失したヒト、今回が初めてではなく、今年に入って二度目であること。
そして、カードが自社のものではなく、取引先のものであること。

取引先としても、同一人物が、それも短期間のうちに二回も無くすとなると、個人の資質云々とともに、会社としての指導体制をも問われることになる。もっと言えば、信用問題になりかねない。いや、すでになってるか。

当然ながら、客先には平謝り。さすがに、
「本当にすまないという気持ちで胸がいっぱいなら、たとえどこであれ土下座ができる! たとえそれが肉焦がし、骨焼く、鉄板の上でも!」
……とまでは言われなかったが、平身低頭、絵に描いたような謝罪を行うことに。

そして、チーム内においても、今まで以上に厳密なIDカードの管理体制が敷かれる羽目に。
当事者は(今のところは)反省しきりではあるが、おそらく数日も立てば、元通りになっていることだろう。でなければ、二回も無くさないよなあ、ふつう……。

四面楚歌にある将棋プロ棋士、詰むや詰まざるや

将棋のソフト不正問題は、相変わらず揺れっぱなし。
疑惑の渦中にあるのは、三浦弘行九段だ。

今回の問題を告発したのは、渡辺明竜王とされている。
三浦九段は、日本最高賞金額を誇る棋戦・竜王戦七番勝負の挑戦者に名乗りを挙げており、一連の騒動を理由に、棋戦主催の読売新聞社がスポンサーを降りるという、最悪の事態を想定してのことらしい。

渡辺竜王の動きに、連盟も即座に対応。
三浦九段の竜王戦出場辞退を受け入れ、七番勝負には、挑戦者決定三番勝負で惜しくも敗れた丸山忠久九段を出場させることに。10月15日には早速第一局が行われ、渡辺竜王が先勝。挑戦決定から間もない丸山九段は、調整不足と言わざるを得ない内容だった。

問題の審議についてだが、これは現在究明中。
羽生三冠のコメント(内容はあくまで中立)も出すなど、連盟側は、我に実あり、というアピールに余念がない。

三浦九段の指し手とソフトによる指し手を照らし合わせてみると、一致率がきわめて高かった、あるいは対局中における離席時間が異様に長かった、などの『疑わしき事例』は次々に出てくる。だが、決定的な証拠の提出には至っていないのも、また事実。

果たして三浦九段は、『必死』の状態なのか、あるいはすでに『詰んで』いるのか。
#必死:将棋用語で、手番が回ってきたら詰んでしまう状態のこと

東京五輪の会場が韓国になる可能性

(小池)百合子ちゃんが東京都知事に就任して以降、築地豊洲移転と東京五輪競技会場の話題は、連日のように報道されている。
なかでも、ボート競技の会場に関する議論は緊迫の一途をたどっている。

計画当初は、江東区青海の海の森公園に会場を建設する予定だったが、自然(海)の影響を受けやすいことと、経費が膨大になることが問題視され、宮城県の長沼ほか、別会場での開催が模索されている。

そんな中、ボート競技を韓国で開催するのではないか、という報道。
ただし、報道したのは朝日新聞のみ。
聞き取り先は、複数の大会関係者とだけ。

一応、規程(2020年東京五輪向けのアジェンダ)の中では、
「IOCはオリンピック競技大会では、主に地理的要因や持続可能性の理由から、複数の競技または種別を開催都市以外で、または例外的な場合は開催国以外で実施することを認める」
となっているものの、現在の状況が『例外的な場合』に相当するとは、到底思えず、なにがしかの希望的観測が多分に含まれているとしか思えない見解だ。

朝日新聞のことだから、さらにほかの競技を一つか二つ取り沙汰して、この競技も韓国で行われる可能性がッ! とかやるかもしれない。
あぶない、あぶない。

 

今週のオマケ。
初めて訪問、二日目常連。

連日連夜で行きつけ気分

二日連続で、業務外出先がKさん職場となる。
久しぶり〜というには、時間が経っていなさすぎだが、近況報告を兼ねて、飲みに行くことに。

二夜連続。
しかも、連続して同じ店に。

連日、22時過ぎと遅い時間の訪問だったのと、最初に行ったときに、

「アレも食べたかったー、コレも食べたかったー」
「次回また来て、ぜひ召し上がってくださいよー」

という話をした矢先だったので、お店側も憶えていてくださったようだ(さすがに次の日に来るとは思っていなかったようだが)。

すでに気分は『行きつけのお店』だ。
まだ二回しか来てないけど。

もちろん二日目は、前日食せなかったメニューを、抜かりなくいただいた。
焼きちゃんぽんは、うまかった。

とある長崎料理屋における、連日連夜のできごとであある。

posted by たいにー at 17:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447150193

この記事へのトラックバック