2017年02月15日

結婚相手(警察官)が既婚者と発覚したのは披露宴当日! 懲戒、修羅場、すべてが不可避

事実が発覚した瞬間、それぞれの思いは、どのようなものであっただろうか。

現職の警察官が、減給の懲戒処分を受けた。
理由は、結婚している事実を隠して、別の女性と披露宴をあげようとしたこと。
西日本新聞より。

既婚警官 別女性と披露宴 小倉北署 巡査部長、懲戒処分に (西日本新聞)

福岡県警小倉北署に所属する40代の男性巡査部長が昨年末、既婚者であるにもかかわらず未婚の女性と結婚披露宴を開いたとして懲戒処分(減給)を受けていたことが13日、関係者への取材で分かった。県警は、警察庁が定める発表の基準を満たしていないとして処分を公表していない。処分は今月9日付。
(中略)

披露宴までの道のり

披露宴に至るまでの事実関係は不明だが、家庭を持つ40代の男性……と考えれば、不倫の末の顛末、という可能性が高そう。

『結婚していることを隠して未婚者と交際する』というのは(あってはいけないことだが)よく聞くパターンである。ただ、披露宴を開くところまでもってっちゃうのは、なかなか聞かない。

最初はただの火遊びのつもりだったが、男性が本気になったのか、あるいは女性の押しが存外に強かったのか。すでに所帯を持ちながら、男性は二重婚の道へと歩んでいく。おそらくは、本人が望まないうちに。

そもそもこの状況で、男性側が披露宴の開催を望む理由が見当たらない。にもかかわらず、披露宴へと突き進んでいったのは、女性側(本人、家族など)の強い後押しがあってのことか。相手は公務員だしねぇ。

披露宴当日の修羅場

今回の発覚原因が『披露宴に男性側の親族出席者が皆無』というのも、首をかしげたくなる事由だ。ここまで発覚しなかったからには、

・男性は女性側の両親には会ったが、自分の両親に女性を会わせなかった
・男性は自分の自宅に女性を招かなかった(単身赴任とかなら分からんが)

といったあたりの可能性がきわめて高い。
この時点で、女性側が気付いて然りじゃないのか? 『恋は盲目』とはいっても、ここまで気づかないのは、恐るべき鈍感力ということになる。

『親族が1人も参列しなかった』ということは、親族以外の友人や同僚は参加していたという可能性が高い。だとすると、この友人・同僚らは、巡査部長の素性や家庭環境は知らなかった、ということか。うーん、それはそれですごいな。まあ、あり得ない話ではないけど。

「なぜご両親は参列されないのか?」と追及されたんだろうな〜。
んでもって「両親はともに他界した」とかまでのウソをつき続ける根性はなかったんだろうな〜。

事態が明らかになった原因は『監禁』!?

ここまでウソをつき続けてきたのだ。もはや男性巡査部長にとっては『自業自得』以外のなにものでもない。

だが、そこまで妄言綺語を貫いてきた男性が、一転して、自ら親族に打ち明ける決意を抱くに至る。そのきっかけが、女性親族による男性の監禁だ。おそらく実際のところは、監禁などという大層なものではなく、どこかの一室で女性親族から詰問・糾弾受けただけなんだろうけど。もしくは「お前の両親を呼べ!」とでも迫られたか。

男性が自身の親族に助けを求め、その親族が110番通報することによって、この騒動は白日の下にさらされた。現場に駆け付けた警察官が、男性の顔見知りだったかどうかは定かではないが、事態の張本人が同業者だと知って、心中、複雑なものが去来したに違いない。

警察の辞書に足りない言葉は

問題がここまで進展してしまうと、もはや倫理観うんぬんの問題ではなく、オトナとしての常識や人間性を疑う事案である。

仮に披露宴をしのぎ切れたとしても、最終的には入籍の際に絶対に足が付くだろうし、行き着くところは地獄の一丁目である。現在の奥さんと籍を入れていない、とかなら別だが、仮にそうだとしても、二重生活を破たんなく送れるわけがない。こーゆーのも、結婚詐欺って言うのかしら?

お相手の方の年齢は分からないが、それなりにお年を召しているということであれば、婚期の問題もあるだろうし、披露宴の実費や慰謝料は、かなりの額にのぼりそう。とにもかくにも、被害に遭われた女性と、その親族御一同の心痛と憤りは、察するに余りある。

とかく「警察官は聖人君子に非ず」といった論調も耳にするが、それでも人並み以上の倫理観は要求される職種である。懲戒処分こそ受けたものの、それでも減給どまり。しかも現在は謹慎中ということから、ほとぼりの冷めたころに職務復帰させる可能性が高そう。

まあ、警察機構が身内に甘いというのは、今に始まった話ではないとはいえ、だ。
自らを律するとか、襟を正すとか、そういう言葉も、警察手帳に書いておいた方がいいんじゃないかしら。

※追記
時事通信によると、事態が発覚したのは、披露宴の開始直前における顔合わせの席。
新郎側の親族が一人もその場にいない(そりゃそうだ)ことを新婦側が不審に思い……というか、この状況にまで発展したことそのものが、ある意味で凄い。

また、J-CAST(ネタ元:日テレ系『スッキリ!』)では、披露宴に参列しようとした新婦側の出席者50名に対し、新郎側は完膚なきまでにゼロ。しかも当初は、

「母が急に倒れたので、親族がそっちへ行った」
「友人が事故に遭ったので来られない」

と、ごまかそうとしていたというから、なかなかの肝の据わりようだ。
最終的に新郎を糾弾したのは、新婦の兄だったという。

記事の中では、この新郎新婦(?)は、披露宴直前まで一緒に暮らしていたらしい。
こうなると、そもそも男性の家庭環境がどうだったのか、というところも気になる。


ライアーゲームのように「だまされるヤツが悪いんだ」と言いたいところだが、この境遇で周到にだまし続けた男性も、天才詐欺師の素養があるかもしれない。ツメは甘いけど。

男性曰く「ずるずると付き合い、こうなってしまった」と言うが、ずるずる披露宴までいくかねぇ。どこまで覚悟していたのか、どこまでなんとかなると楽観視していたのか、成り行き任せという言葉で片付けるには回りの代償が大きすぎる、40代警察官の愚行であった。

posted by たいにー at 00:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | アホニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/447006055

この記事へのトラックバック