2017年02月14日

たいにーの動静っ中年・10月第一週(10/3〜10/9)〜旧態依然と吐故納新を行き来する

地道な研究は、かくして花開く

今年のノーベル医学生理学賞に、東京工業大学・大隅良典栄誉教授が輝いた。
日本人の受賞は、これで三年連続、医学生理学賞の受賞は、昨年の大村智・北里大特別栄誉教授に続き、二年連続、日本人としては4人目の快挙となった。

受賞内容は、オートファジー(自食作用)の仕組みの発見。自分自身の栄養素(たんぱく質など)を分解し、新しい栄養源の材料として再利用する仕組みらしい。凄そうではあるが、話が壮大過ぎて、理解するには至らないが、パーキンソン病やアルツハイマー病の病原体と関係している可能性があると聞くと、凄さの実感が、少しだけ具体的になる。

受賞のもととなった研究は、1992年に大隈氏が発表したものであり、実に20年以上の歳月を経て評価されたことになる。

近年、ノーベル賞を受賞する日本の研究者は、かつての『堅物』的なイメージとは程遠い、極めて温和で、柔軟な人柄の方が多い。マスコミ対応も紳士的で、周囲からも慕われている様子が、つとに伝わってくる(かつての研究者が粗暴だったというわけではないが……)。

ノーベル賞の賞金は、およそ1億円ほど。
賞金の使い道が話題になることもあるが、これまで、いろいろなものを犠牲にしてきたかもしれない、氏の実績が評価されての対価である。思う存分、私利私欲のために使っていただきたい。

『ファイア』は非常識な缶コーヒーなのか

先月から
『缶コーヒーの常識を変える』
というキャッチコピーで、キリンが缶コーヒーのCMを打ち出した。

随分と風呂敷を広げたものである。
そんなこと言ったって、どうせ今までと大して変わらないんじゃないの?

CMでもやっていた通り、本商品は、その名前を秘したまま、シークレットサンプリングという形で100万人に提供され、89%の対象者から「香ばしさに驚いた」という回答を集めたという。焙煎された『焦がし焼き豆』15%を使用した効果、ということらしい。

Xデーは10月4日。
発売されてみると、それは『キリン ファイア エクストリームブレンド』だった。
缶のデザインは、同社の缶チューハイ『氷結』シリーズにもちょっと近いだろうか。だが今回は、あくまで中身で勝負しようという意気込みが、これまでのプロモーションからも伝わってくる。

そこまで言うなら。
ワタシは買って、飲んでみた。

むむっ!
感想は……

……普通だ。
いや、美味しいんだけどね。「缶コーヒーの常識が変わったか?」と言われると、それについては、うーん、うーん。

そこはテレビで見た異国の地

家人がベトナムに行き、そして帰ってきた。
観光ならよかったのだろうが、残念ながらお仕事、出張だ。

自身、初のベトナム。装備していた知識は、
『水曜どうでしょう 原付ベトナム縦断1800キロ』
のみ。ただ、行った家人曰く、

「あの映像まんまだった」

とのこと。
すごいぞ、ベトナム。

基本的にベトナムはカブか車で動くところで、自転車や歩行者は、ほとんどいないらしい。走ったモノ勝ちの風潮があり、車線変更の際は強硬手段に出ないと、いつになっても先に進めないのだとか。

「それだけ慌ただしいと、交通事故とかあるんじゃないの?」
「うん、結構多いって言ってた。死ぬんじゃないかという場面もあったし」

なかなかにスリリングなお国柄のようだが、積極的に行ってみたいかと言われると、なんとも回答に困りますな。

一方で食べ物は美味しかったんじゃないの? と問うたが、まずくはないものの、衛生的に大丈夫なのかという不安は常にぬぐえなかったとのこと。胃腸の弱い人は、すぐに体を壊すだろうとも言っていた。

ワタシはダメかもしれない……。

 

今週のオマケ。
最近、なにかと話題の○○ロス。
ダイアナ・ロスとは関係はなさそうだが。

Kさんロス、その後


Kさんがいなくなってから一週間。

その存在感は絶大だっただけに、抜けた穴の大きさはいかばかりか、と危惧していたが。
一週間が過ぎてみれば、職場は元に戻っていた。

いや、正確には『元に戻すよう、皆ががんばった』というのが正しいだろう。
口には出さないものの、後任・Oさんのプレッシャーは比類なきものがあったようで、プレッシャーと共に、もはやそこにはない『Kさんの残像』と戦いを余儀なくされている。

回りのメンバーもそれを敏感に感じ取ってくれているようで、なんとか全員でカバーしようという節が見られる。人が成長するきっかけとは、こーゆーものかもしれない。

そうだよなー、部下を育てないとなー。
私もそろそろ抜けないとなー。

posted by たいにー at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック