2017年02月06日

たいにーの動静っ中年・9月第四週(9/19〜9/25)〜わが道をいざ往かん、鮭(酒)を片手に

四国(手抜き)酒巡りの旅

『四国酒トリップ』なるイベントに参加してきた。

四国各地の酒蔵さんを一堂に集め、さまざまな銘柄を試飲しながら、四国グルメを楽しむ、東京にいながら四国を堪能できるイベント。この夏、四国で鮮烈な日本酒行脚をしてきた私としては、もう行かない手はない。

確かに、各地のお酒は、おいしかった。
料理も、ご当地感のあるものばかりで、特色豊かだった。
ただ、イベント全体の運び方に難アリ。

当然ながら、酒販関係者が数多く招かれて(あるいは参加して)いることもあって、顔見知りの方々で盛り上がる場面が非常に多い。ときには、一般の参加者を置いてけぼりにしているケースもみられ、多分に『内輪ネタで楽しんでいる』感が目立った。

もう一つ、ご当地料理を小分けで提供してくれるのはありがたいのだが、原則として食べ放題なので、取ったもの勝ち、食べたもの勝ち。参加費5000円という安くない料金を払いながら、これといった食事にほとんどありつけないという人もいて、不公平感があった。クーポン制にすればよかったのに……。

とはいえ、あれやこれやの不満や改善点は、初めてのイベントにはつきもの。
扱う素材は一級品なだけに、ぜひともこれらを心行くまで楽しめるような空間を準備していただきたい。

ま、そこまで要求するなら、四国行けよって話になるんスかね、やっぱ。

民進党新代表の荒ぶる船出

民主党あらため、民進党の新代表となった蓮舫氏。
その新代表の元、あらたな党人事を発表。

党幹事長に野田佳彦前首相。
民主党時代の国対委員長として権勢をふるっていた安住淳氏は、代表代行に。
野田政権で首相補佐官を務めた大串博志氏が、政調会長に。

言わば旧執行部、もっと言うと野田グループによる党政務といってよい。
一部では『飲み友達人事』とまで囁かれるほど。

自分のやりたいようにやる、ということであれば、この人選も理解できなくはないが、それでなくても統一感に欠けることにおいては右に出る者(政党)のない民進党である。これで果たして党内融和が図れるのか。

一部の議員は、役職の要請を辞退したとも言われており、船出したばかりにもかかわらず、前途洋々とは程遠い荒れ加減。

蓮舫さん、あれでもう少し話術に長けるなど、政界の人脈を広げて行けるしたたかさがあれば違ってくるのだろうが、どうしても肩ひじ張ってるイメージが強い。

ここは一つ、ドジョウと称された新幹事長の泥臭さを見習ってみてはどうか。

ながらスマホ運転の悪行を正せ

トヨタ自動車とコメダ珈琲、愛知を代表する企業の二つが、運転中の『ながらスマホ撲滅』に立ち上がった。
ともに手を携えるのは、au(KDDI)。

具体的には、ながらスマホをしたら天罰を下す!
……といったものではなく、ながらスマホをしなかったら(スマートフォンを使わずに運転したら)特典を与える、という逆転の発想。

今回の場合は、特定のアプリを立ち上げたうえで、端末を伏せた状態で100km運転すると、コメダ珈琲の無料クーポンが取得できる。一見すると、とりたてて特別なことをしている(させている)わけでもないのに、ちゃんと恩恵にあずかれちゃう。愛知を代表する二大企業の、なんと太っ腹なことよ。

それにしても、だ。
歩行中のながらスマホだって嫌悪されるべき対象なのに、運転中など言語道断ではないか。
とはいえ、今回の施策は、通信会社だけでなく、自動車会社を巻き込んだところに意味がある。
自動車会社の協力なくして、運転中のながらスマホ撲滅はおぼつかないものだと、私は思うわけで。

 

今週のオマケ。
我が家に久々の来客アリ。

週末の宴は同僚とともに

会社の方々を招待して、我が家で、燻製日本酒パーティーを行った。

内容は、もうタイトルそのまま。
日本酒と燻製をしこたま振る舞うパーティー。
もちろん、燻製は自家製だ。
だから、部屋の中も、妙に燻製くさい。

燻製はおおむね好評で、卵と並んで、鮭の燻製も人気だった。
その鮭の燻製は、実は一度失敗して、スーパーにもう一度買い出しに出かけて作り直した……などという苦労話は、この宴には似合わない。ここで私がつぶやく程度で十分だ。

夕方から静かに始まった宴は、遠方からきている方もいたため、まあ21時くらいには解散しましょうね、と言っておきながら、気が付いたら時計が23時を回っているのはなぜだ。

というか、お前ら帰れるのか。

posted by たいにー at 23:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック