2017年01月25日

たいにーの動静っ中年・9月第一週(8/30〜9/4)〜さまざまな嵐が猛威を振るう

小池知事の決定は、英断か臆断か

東京都知事歴一か月を迎えた、小池百合子知事。

東京五輪問題と並ぶ最大の懸案事項、当初11月7日に予定されていた築地市場の豊洲移転について、正式に延期を発表した。当然、築地市場の閉鎖も延期。延期期間がどの程度になるのかは、今のところ未定。

決断の理由は、土壌汚染対策を含めた安全性への懸念、事業費増額の不透明感、移転に関する情報公開の不足ぶりを挙げている。

この豊洲移転延期、事前に東京都幹部や都議会会派などへの根回しはなく、ごくごく近しい知事側近だけで決めたとのこと。これを独裁ととるか英断ととるかは、人によって判断の分かれるところだが、一連の豊洲移転問題の経緯を見る限り、今回は『英断』という言葉を使わせていただきたい。

そもそも、豊洲新市場については『作ってしまえばこっちのもの』的な感が漂っており、今となっては『こっち』に属していたのは誰なのか、というところが焦点となりつつある。どうやら『こっち』の人々は、存外多そうな予感。

いずれにしても、この移転問題、一筋縄でいかないのは確か。
百合子ちゃんは当面、自民党都議連と、もめるんだろうなあ。

負けるな百合ちゃん。
都民じゃないけど、応援しているぞ。

当たり年という言葉では生ぬるい台風の襲来

台風10号がやってきた、ヤァヤァヤァ。

この台風、いささか時期は早いが、秋特有の迷走台風っぷりをいかんなく発揮。
本州の南東海上まで順調に進み、そのまま本州を直撃するかと思いきや、そのまま本州を眺めるかのように西南西へ。沖縄諸島が見えてくると、今度はなかなか見られない『南下』。その後、進路を東へと反転させ、ウォーミングアップ終了とばかり、三陸沖から回り込むように東北地方へと突入……。

台風の勢力は、一時940hPaとなり、かつてない強さで関東への直接上陸が懸念されていたが、一番の被害を被ったのは、統計を取り始めて初めての台風上陸となった東北、および北海道だった。
とりわけ北海道は、今月に入ってからすでに3つの台風が上陸する異常事態。累計の降水量も凄まじい数値を叩きだし、農作物への被害も甚大となった。

思えば、この8月は、まるで吸い寄せられるように、台風が日本列島を直撃していった。これでまた農作物の高騰は避けられなさそうだが、農家の皆さんの苦労を思えば、そんなことを言ってもいられない。

がんばれ、日本の農業。

サムスン復権の行く手を阻む影

海外で発売を開始しているサムスンのファブレット端末・Galaxy Note 7が、相次ぐバッテリ発火問題を受け、販売を一時停止、商品の交換手続きを始めた。

今のところ大きな事故には至っていないが、Galaxy Note 7を火元とした発火・爆発事故が世界各地で相次ぎ、最初は強気の姿勢をとっていたサムスンも、最終的には交換に応じざるを得ない状況に。

この端末、日本では未発売で、年末商戦に投入されるのでは、とみられていただけに、ファンにとっては残念な展開となった。

一時期低迷していたGalaxyシリーズだが、今年発売されたGalaxy S7 edgeの販売が好調で、回復の兆しが見られていた。いよいよ本格的な復権に向けて、と息巻いた矢先の端末爆発問題。おまけにもうすぐ、iPhone 7が発表されると目されており、サムスン社のにとっては泣きっ面に蜂状態。

同社の再起に水を差すようなことにならなければよいのだが。

全然関係ないケド、『ファブレット』って死語になりつつあるよね?
死語っていうほど認知もされていないのかもしれないけど。
ユビキタスみたいなものか。

 

今週のオマケ。
ワタシが海鮮丼に求めるもの。

あるべき海鮮丼の姿とは

とある日のお昼ごはん。
某所某店で、海鮮丼を食べた。

俗にいうメガ盛りだった。
確かに、ごはんも多く、そこに乗っかる海鮮の具も多かった。

だが、満足感は薄い。
理由は二つある。

一つは、ごはんが酢飯じゃなかったこと。お魚と共にいただく丼であれば、やはりごはんは酢飯であってほしい。いや、酢飯であるべきだ。酢飯以外考えられん!(増長)

二つめは、ごはんがホカホカだったこと。
炊き立てのごはんと称えるなかれ、せっかくの生魚たちに、火が通ってしまう。これでは最後までおいしくいただけないではないか。メガ盛りならなんでもいいと思ったら、大間違いだ(厚顔)。

ということで、ここの海鮮丼、失格。
以上、ワタシの海鮮丼への思い入れ、でした。

posted by たいにー at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック