2017年01月24日

たいにーの動静っ中年・8月第四週(8/22〜8/28)〜戦いは終わり、そして次の戦いが

さらばリオデジャネイロ、いざ東京!

リオデジャネイロ五輪、無事に閉幕。

開幕前は、やれ治安問題だの、やれ財政難だとと、問題山積のように報じられていた大会だったが、終わってみれば『大成功』と言っていい内容だったように思える。もっともこれは、日本がそれなりに良い成績を残せたからこそ、と言えるのかもしれないが。

さて、リオの次は東京だ。
閉会式における引継ぎセレモニーでは、巨大スクリーンに東京にまつわる映像が映し出される。今や世界を代表するキャラクターとなったマリオが、東京のいたる場所を駆け巡り、東京から地球の裏側(リオ)へ通じる土管へ突入、たどり着いたその先には……

なんと安倍総理がマリオ姿で閉会式会場に登場。
晋三、映像だけでなく、SEも凝っていて、完成度は無駄に高く、世界でも大ウケだったらしい。

なんでも、この演出を提案したのは、ほかならぬ2020年東京五輪の大会組織委員会・森喜朗会長ご本人なのだとか。
私は絶対に信じないぞ。

もしもセガがもっとがんばっていたら、今ごろは『サンバDEアミーゴ』(マラカスコントローラで遊ぶセガのゲーム)を全世界に知らしめていたかもしれない……なんてことはないか。

その代償は看板よりも重きものにて

俳優の高畑裕太氏が、強姦致傷容疑で逮捕。
肩書きが『俳優』から、一転して『容疑者』へと変貌を遂げた。

高畑裕太氏といえば、女優・高畑淳子氏の長男で、母親からの異常なまでの溺愛ぶりは、広く知られるところ。近年、ようやく『親の七光り』状態から脱し、自身の名前だけで勝負できるようになり始めただけに、なんとも残念というか、もったいないというか。

とりわけ周辺への影響は甚大。
放送まで一週間を切っていた24時間テレビパーソナリティーの任は当然はく奪。収録済みの内容はことごとく差し替えられ、内容も大幅な変更を余儀なくされたという。

また、大河ドラマ『真田丸』では、母親・高畑淳子氏との共演が実現するはずで、週録も完了していたが、本事件で映像はお蔵入り。代役を立てての再収録となった。

今回の騒動の原因が、子供の育て方にあったのかどうかは分からないが。
事件後の母親の立ち回りなどを見ていると、やはり溺愛しすぎるのはよくないな〜と思わずにはいられない。子供は適度に突き放しておくくらいが、ちょうどいいのだ。

もっとも、『適度』というところが重要かつ難しいところで、突き放し過ぎても大変なことになるので、そのあたりは加減が必要だが。

法という名のいにしえの呪縛

かねてより議論の的となっていた、ワンセグ受信機能つき携帯電話における、NHK受信料支払い義務の是非問題。

これに異を唱えた訴訟がさいたま地裁で行われた。
判決は原告側の訴えを認め、契約義務なしとの結論に至った。

しかしながら、これで「ハイそーですか」と首を縦に振るNHKじゃあない。
「判決は放送法64条の受信設備設置についての解釈を誤ったもの」
として真っ向反論。ただちに控訴の手続きに入った。

NHKの一連の騒動を見ていると『契約』という言葉の定義が、なぜかNHKについてだけは『別次元の概念』として扱われている気がする。

契約というのものは、本来、双方が了解を得た上で締結されるべきものである。
そもそも、NHKの受信料契約について定めた放送法そのものが、あまりにも時代錯誤。
テレビは一家に一台、テレビ=テレビ番組を見る機械という定義が絶対だった昭和の頃と今とでは、テレビの位置づけは明確に異なる。目的はあくまでパソコンやゲーム機のモニタで、チューナーはオマケで『ついてしまっている』と考えている人も多いに違いない。
番組を視聴している人から、正しく受信料を徴収するのではなく、あくまで放送法に固執し、『受信機を持つ人からの徴収』にこだわるNHK。

これも一種の既得権益、ということになるのだろうか?

 

今週のオマケ。
久々に早朝ジョギングを敢行。

朝の障害物よけレース

『暑い』ことを理由に、サボり気味だったランニング。
ただ、おそろかになると、体がなまってしょうがない。

ということで、暑くない時間帯=早朝に走ってみることにした。
時刻は午前6時過ぎ。

さすがにこの時間だと、ヒンヤリとまではいかないが、さわやかに走ることができる。人通りも少なく、走るには快適な環境だ。

ただ、走ってみて、分かったことがある。
早朝は、ながらスマホは、異常に多いということ。それこそ深夜帯並み。
特に自転車のながらスマホが多く、向こうから走ってくると、恐くてかなわん。

人通りの少なさに油断してのことだとは思うが。
いつなんどき、何が起こるか分からない。死にたくなかったら、一日も早く、ながらスマホから卒業することを推奨するものナリ。

posted by たいにー at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック