2017年01月09日

たいにーの動静っ中年・7月第三週(7/18〜7/24)〜 それぞれの旅立ち、その先へ

チームOさん、離脱危機

職場チームのメンバーOさんから、あらたまって相談を持ちかけられる。

その瞬間、なんとなく状況は悟ったが。
退職希望とのこと。

春先に入ったばかりで、いろいろとヘマもやらかしはしたものの、まじめで努力家だった彼女。丁寧に育てて行こうと思っていた矢先とあって、私のショックもひとしおだ。

職場の雰囲気や業務内容に不満があったわけではなく、体調面の問題や、元から考えていた独立して別業界で頑張って行きたいという本人なりの夢を追い求めたがゆえの結論らしい。残念ではあるが、前向きな旅立ちとあっては、快く送り出してやらねばなるまい。

とはいえ、だ。
ここ4か月で、早くも3人目の離脱者とあっては……
やはり、リーダーとしての人望を疑われても、仕方があるまいて。

うーん、うーん。

旅先は秋田か、それとも

以前から計画していた、日本酒・酒蔵巡りの旅を本格的に計画し始める。

行先は秋田。
各地の日本酒をいろいろ飲み比べた結果、我が家に合っているお酒は、秋田の銘柄が多いとの結論に達したためだ。

8月第一週あたりで、行きたいなあ。
欲張って白神山地(世界遺産)なども巡りたいなあ。
……などと、旅への思いは膨らんでいく。

往復の新幹線チケットは、まあなんとかなりそうだった。
白神山地へ向かうための『リゾートしらかみ』の切符も、手配できた。
あとは宿だけだが、まあこれはぜいたくを言わなければなんとかなるだろう。
……と思っていたのだが。

宿が一軒も空いてねェ。
目的の日付で、秋田市内から最も近い空き室のある宿を探すと、なんと田沢湖まで遠ざかってしまうありさま。

どんな嫌がらせだ、と思ったら、原因が分かった。
ちょうど私が秋田訪問を計画していた時期に、東北三大祭りの一つ、秋田・竿燈まつりが開催されるのだ。約140万人が来場するという祭りの賑わいを前に、にわかで訪れようとしている我々は、なすすべもなかった。

泣く泣く各チケットはキャンセル。
泣く泣く旅の計画もキャンセル。
……と、このままボツにしてしまうのは、どうにも惜しい。

よし、方針変更。
目指すは高知だ!(なぜ?)

携帯電話販売市場にも中国の波

家人が新しいスマートフォンを買った。
元々iPhone不要論者だった家人がiPhoneに宗旨替え……するはずもなく、今回もAndroid機だ。

大型が進むスマートフォンにあって、片手で操作可能な5インチ未満の端末は、数えるほどとなってしまった。おかげで選択肢は狭まったので、あまり悩まなくてよかったとは、家人の弁。

今回、某家電量販店で購入したのだが、対応してくれた店員が、中国の方だった。
別にそれ自体は問題ないのだが、ただでさえ面倒くさいサービスやプランなどを事細かく覚え、きちんと説明できるものなのだなあ、と感心しながら聞いていた。

もちろん、より高額の、より充実したプランをさりげなく勧めてこようとするのだが、そのあたりはやんわりとお断り。別にこの方に限った話ではないだろうが、こういった営業精神もきちんと身に着けている。

ところで、中国人観光客の購買需要取り込みのために中国人の店員を多く雇用するのは分かるのだが、スマートフォン売り場も中国人客が来るということは、あるのだろうか?

iPhoneフィーバーのときは、日本で買えるだけ買って、自国で転売、という話もあったが、今はどうなんでしょ?

 

今週のオマケ。
ワタシが好きだった昭和のテレビの星。

テレビ界の重鎮、逝く

タレントの大橋巨泉、逝去。
享年82。

私の中では、芸風というよりも、その生き方という点で尊敬できるタレントだった。

デカい口を叩くけれども、デカい口に見合うだけの努力と実力を、この方は持ち合わせていたと思う。恐ろしく存在感を発揮する一方で、自分だけが前に出るのではなく、きちんと共演者の良さを引き出すことに努める点では、もはや司会者の鏡である。

とりわけ『世界まるごとHOWマッチ』の司会のイメージは、今なお強烈に残っている。若手アイドルから年輩の大御所俳優まで、相手に応じて巧みに話術を使いこなすそのセンスは、とても普通の人がまねできるものではない。石坂浩二やビートたけしとの絡みも面白かったが、同番組に初登場したときの笑福亭鶴瓶とのやりとりは、今でも鮮明に覚えている。

「(石坂とたけしは)枝葉末節にこだわって、ボクに絡むんです」
「あー(なるほど)。ただ、絡まれるような性格してはりますわ」
(スタジオ爆笑)
「(巨泉さんは)敵多いと思います」

セミリタイア、海外居住、政治家転身、そして即辞職。
奔放でありながら、きちんと計算して行き続けた生涯ではなかったかと思う。
あんな生き方は私にはできないが、それでも憧れるし、そうなりたいと思う。

posted by たいにー at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445750703

この記事へのトラックバック