2016年10月16日

たいにーの動静っ中年・6月第四週(6/20〜6/26)〜頭の痛い話、続々

身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、職場もあれ

数か月前、会社で、私の役職昇格が推薦されているという話があった。
で、その結論を聞く。

結果はNG、見送りということに。
やはり人望の無さが、たたったか(まだ引きずってる)。

能力が足りないとか、ここが不足とかいう話ならともかく、出てきた理由は……
ここでは書けないが、例えて言うなら、

「キミの部署は○○だからねぇ」

といった、個人の能力や資質とは関係ない、お前らが決めたこと(部署)がなぜ影響するのか、という、どうにも解せないものだった。

別に昇格させる気が、ないならないで、こちらも無理にしがみつくつもりはない。ただ、今の後輩たちは一人前に育てたいので、自分のわがままを通すのは、そのあとの話となる。

あとは、ワケのわからない評価で人の将来を左右しかねない、あの会社に一泡吹かせたいという気もあるわけで。人は悪くないけど組織や文化がクズっていう会社、あるよねぇ。

イギリスのEU離脱に伴う身近な影響

グレートブリテン及び北アイルランド連合王国、通称イギリスが、EUからの離脱を推進するか否かの国民投票を実施。
結果、離脱に対して賛成派が過半数を占めた。これにてEU離脱が決定したわけではないが、国民の審判がくだった以上、イギリスはEUとの決別に突き進むこととなる。

さまざまな懸念は内外から指摘されているが、私の生活に最も影響が大きいと思われるのは、ウィスキーの価格である。直接的には、EU圏内でのスコッチ、およびアイリッシュウィスキー流通に影響が出ることになるが、巡り巡って日本へも、遠からず影響は伝播しそう。

それを見越してか、スコットランドや北アイルランドは、EU残留指示が多数派。中には、以前に否決されたスコットランドの独立を再び呼びかける層も出始め、イギリス治政は、しばらくは混沌とした状況が続きそうだ。

率直なところ、イギリス治政はどーでもいいので。
直前に買った私のユーロをどうしてくれるんだ。

期日前投票の光と影

来月10日に投開票を控えた参議院議員通常選挙。
かなり早いが、前倒しで期日前投票に行ってきた。

二週間前だと、さすがに投票所の人影もまばら。
当日独特の緊張感のようなものは微塵もないが、その分、待ち時間もなく、落ち着いてゆったりと投票することができる(投開票日前日の期日前投票は、投票所入場の列ができることが多い)。

あとは、投票した人が、選挙期間中に変な問題を起こさないよう、願うのみである。
「実は犯罪者でしたー!」となっても、再投票はできないゆえ。
まあ、そんな人が当選することはないだろうけど、自分の一票をそーゆー人に入れたとあっては、末代までの恥辱となりかねないので。

……3日で忘れるな、たぶん。

 

今週のオマケ。
体調が悪くなるのは、たまーにブログでネタにするため、というわけではないのだが。

熱が出たら、お医者さんへ行こう

熱が出てきた。
咳がひどくなってきた。
気が付けば、38.8度の熱があった。

さすがに高熱が出ると、意識ももうろうとするため、不本意ながら会社を休み、内科……ではなく、耳鼻咽喉科へ。なにせ咳がひどいので。

『この医者にかかれば、たいていはすぐ治る』という、かかりつけのお医者さんがあると、こういうとき安心である。なにせ仕事を長期間休むわけにはいかない。せいぜい一日休養させてもらって、あとは薬で何とかつなぐ、ごまかす。そのうち、しらっと体調が元に戻れば、いうことなし。

やはり、お医者さんとの相性というのは、あるわけで。
ただ、耳鼻咽喉科に行くと、鼻の穴から内視鏡を突っ込まれて、涙がつーっと流れていくのが、ちょっとアレだけど。

posted by たいにー at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/442860703

この記事へのトラックバック