2016年07月10日

グランツリー武蔵小杉内の雨時々小豆では、甘味ではなくローストビーフ丼がトレンド?

ブームの波は、ついに武蔵小杉にも?

最近、巷でローストビーフ丼なるものが、ブームである。

火付け役とされるのは、高田馬場のレッドロックというお店で、マスコミなどでとりあげられ、人気を博すと、あTこちの店でローストビーフ丼を提供するお店が続出。一躍ブームと化した。

ローストビーフ丼なんて、そのへんのスーパーで買ってきたローストビーフをごはんの上にのせて、適当に醤油かソースでもかければ完成だろう、と私などは考えてしまうわけだが、どうやらそーゆーものでもないらしい。

ローストビーフは、とにかく山盛り。その上に卵や独自のソースをかけ、お店ならではの味を出すことに、各店とも腐心しているのだとか。

今をときめくローストビーフ丼だからこそ、今をときめく武蔵小杉でもあるのではないか?

ありました。
しかし、提供していたのは、どこぞのレストランでも、どこぞの定食屋さんでもなく、なんと甘味屋さん。グランツリー武蔵小杉の中にある『雨時々小豆』(あめときどきあずき)という店であった。

雨時々小豆(グランツリー武蔵小杉)

『甘味処』という垂れ幕を掲げる通り、このお店の主線は、和のスイーツ。
わらびもちや抹茶アイス、みたらし団子など、お茶とともにいただきたい甘味がウリである。

その一方で、軽めのお食事メニューも用意されている。
けんちんうどんや豆乳うどんなど、女性向きのメニューを用意。奥様方のランチ需要にも応える。

そんな同店が、ローストビーフ丼を始めた。
サイズは並盛りと大盛りの二種類。いずれも味噌汁が付き、豪勢にいきたい、という方は、追加料金でビールセット、あるいは甘味セットなんてこともできちゃう。

せっかくだから、話題のローストビーフ丼、いただいてみるとしよう。

女性向けの丼でも、肉のデカさは容赦なし

ローストビーフ丼・大盛(雨時々小豆)ローストビーフ丼・並盛(雨時々小豆)

で、こちらがそのローストビーフ丼。
左の写真が大盛り、右の写真が並盛り。
写真だと分かりづらいが、肉とご飯の量が、大盛りと並盛りでは明らかに違っている。
当然、大盛りのほうが多い。

添えられているのは、かいわれ大根と卵黄、大根おろし。そしてその上から、自家製の特製甘だれとサワーマヨネーズが縦横無尽に駆け巡る。

では、いただきます。

……肉、でかっ。
一切れの肉がデカい。基本的に一口でほおばるのはあきらめたほうが良い、それくらいのデカさだ。

並盛りだと普通だが、大盛りだと確実にボリューム感はある。とはいえ、あくまで中年男性の感覚であり、育ち盛りの若者や、食欲旺盛な肉食女子にとっては、その限りではないかもしれないが。

これでもか、とご飯を覆いつくすローストビーフ。唯一無二の主役である薄切り肉の存在は、必要にして十分。ソースの味は、ドレッシングのような感じで、かいわれ大根とのコンビネーションの相まって、サラダ感覚で食べられる。このあたりのバランスも、女性を意識してのことか。

もうひと工夫あれば看板メニューも夢ではない?

ローストビーフ丼・大盛(雨時々小豆)

まごうことなく楽しめたローストビーフ丼だが、願わくば改善してほしい、という点もいくつかある。

一つは、一切れあたりの肉が大きすぎること。
ボリューム感を出すための演出なのかもしれないが、男性の私が食べづらさを感じたほどだから、女性はもっとしんどいのではなかろうか。細切れにすると、見た目のインパクトこそ弱くはなってしまうが、その分『積み上げられる』感は強調されそう。

もう一つ、ローストビーフを楽しむための『もう一味』がほしい。
例えばしょうが、例えばこしょう、例えば山椒……といった感じで、丼全体を終始甘酸っぱいソースでいただくからこそ、途中にメリハリをつけるためのひと工夫がほしいところ。

あと、いわゆる『ブームの大元』と呼ばれるお店のローストビーフ丼と比べると、お値段の割には、若干見劣りしてしまうかもしれない。そのあたりは、立地であったり、ターゲットであったり、単純な比較はできないということで、ここは納得しておこう。

以上、ぜいたくなリクエストでした。

 

言いたいことを言って(書いて)はみたが、なんやかんやで、きっちり堪能し、きっちり完食。
見れば、週末のお昼どき、店内は女性中心に多くのお客さんで賑わい、ほとんどの方が、ローストビーフ丼を注文されていたご様子。やはり女性は、流行には目ざとい、ということか。

グランツリーの公式サイトにおける、『雨時々小豆』の店舗紹介ページなどを見ても、メインの写真には、甘味ではなく、今やローストビーフ丼が据えられている。同店は今後、ローストビーフ丼をメインに推していく、とことなのかもしれない。

武蔵小杉で食べられる、数少ないローストビーフ丼を提供するお店。
興味のある方は、ぜひ一度おためしを。

posted by たいにー at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック