2016年04月10日

たいにーの動静っ中年・2月第二週(2/8〜2/14)〜ツラく苦しいのはいずこも同じ

もら〜って嬉しいバレンタイン

バレンタインデーだった。
誰もくれなかった。

……ということはさすがにないのだが、取引先の会社の方からもらったのみ。
自社の女性社員(結構います)には、見向きもされず。

これが人望の無さというヤツなのか。

いや、正確には、一人だけくれた。
皆さんに等しく配られたものではあるが、自分だけもらえなかった、とならなかっただけ、まだマシと見るべきなのかもしれない。

最近は、男性がバレンタインにチョコ(の類)を贈るケースも多いらしく、もう、何のイベントだかワカラン状態となっている。人望を維持するためには、率先して男子チョコを贈らなければならないのだろうか。

人望捨てますか?
それとも、チョコ捨てますか?
あるいは、どっちも欲しいですか?(←ハイ)

人材の宝庫は、いまや放庫か

自民党の宮崎謙介・衆議院議員(京都3区選出)が、不倫騒動で世間を賑わせている。

男性の育児休暇取得を披露宴の席で高らかにうたい、自身も政治家として初めて取得し(註:制度として存在しているわけではない)、その先鞭をつけたかに見えたが……。

思想は立派だったが、いかんせん、行動は下衆だった。
あるいは、下衆である素養を隠すための思想(発言)だったのだろうか。

それにしても、よりにもよってな人が、いろいろやらかしてくれる。

かたやイクメン国民代表とばかり、実績のない男性国会議員の育児休暇を取得し、法制化への道筋を付けようとしながら、その裏で不倫していた若手議員。
かたや沖縄及び北方対策担当大臣を拝命しながら、歯舞諸島の読み方が分からず、秘書官に教えてもらったヒト。いや、どんな緊張状態にあったとしても、アナタが読み間違っちゃダメでしょ。

いつもなら烈火のごとく追及を繰り広げる野党だが、この2件については、ツッコむのもアホ臭いと思ったのか、一笑に付している。

こんな議員ばかりで、自民党は大丈夫か?

生涯初(たぶん)の食中毒に見舞われて

週末、激しい吐き気と腹痛、そして下痢に襲われた。

睡眠もままならず、横になっていても痛い、苦しい。
苦難は週末を見事に潰してくれた。

これだけの腹痛を伴うからには、食べ物が影響していることは、想像に難くない。
となると原因は……

前の日に食べた、担担麺か。
はたまた、同じ日の夜に食べた、ぶりのカマ焼きか。
うーん、正直、どちらも可能性は低いように思われる。

……という話を、会社の同僚としたところ、

「大変でしたね、生牡蠣でも食べましたか?」

そんなもの、食べて……
いや、食べた。
2日前に食べた。確かに食べた、食べました。

ただ、食中毒の類って、2日も潜伏するものなのか?
と思って調べたところ、生牡蠣の食中毒は、1〜2日程度潜伏したのちに発症することが、ふつーにあるらしい。ふむ、そうなのか。

というわけで、結論は『生牡蠣にあたった』ということで確定。
ひとまず、ノロウィルスじゃなさそうで、まだよかったかも。

 

今週のオマケ。
エレベーター内のある日の会話。

春が来たと思う瞬間、職場編

ある日、あるビル、ある昼下がり。
そんな日常における、エレベーター内での会話。

「花粉、来たね〜」
「きましたね、ついに」
「あれ、花粉症だったよね? マスク大丈夫?」
「……忘れました。今日はまだイケるだろうと思って」
「ダメだった?」
「ダメでした」

というわけで、私にはわからないが、もう花粉がキテるらしい。

毎年のことではあるが、花粉症持ちの皆様にはつらい季節が、もうすぐそこまで。
どちらさまも、万全の体制にて、春をお迎えいただきたい。

posted by たいにー at 15:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
不倫の方については、つつくと野党にも飛び火するから控えたのかなぁって思いましたわ。
細野さんとか。。。
Posted by フローラ at 2016年04月11日 11:19
フローラさん、こんにちは。
いましたね、そんなヒト。いや、今もいますけど。

確かに、すねに傷持つ人は多いかもですね。議員宿舎に愛人連れ込んでたとかゆー人もいたような。突っ込むネタは、やぶへびにならないことを注意しなければならない時代と言えます。

とはいえ、かの党はやぶへびだらけという気がしなくもありませんが……。
Posted by たいにー at 2016年04月17日 18:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック