2009年06月24日

サイクロンクリーナーEC-AX100を買う

家庭用掃除機を新調した。

それまで使っていたのは、至って普通のSANYO製、紙パック式。
約15年選手で、目立った不足があったわけではないが、じゅうたんのゴミ(糸くずなど)を吸い取りにくかったり、パイプが短くて背中を曲げないと使えなかったりと、旧式掃除機ならではの悩みがついて回っていた。

新しい掃除機を買うにあたり、現在発売されている掃除機であれば、およそどれを買っても、今のモデルより高性能で掃除力も高そうだった。
しかしながら、今のが15年選手であるように、掃除機は一度買うと長く付き合うことになる。
どうせ買うなら、きっちり吟味して購入したいところ。

EC-AX100で、いろいろ調べた結果、落ち着いたのがシャープのEC-AX100だった。

コンパクトタイプ サイクロンクリーナー EC-AX100 (シャープ)

掃除を終えたとき、すぐにゴミを捨てたいので紙パック式は回避。
サイクロン式といえばダイソンが代表格だが、こちらはでかくて重くてうるさいというのが一般評なので、これも回避。量販店で手にとってみたが、確かに重かった。階段の掃除には難儀そうだ。

結局、国内各社から出ているサイクロンモデルについて、性能面と価格面とを比較検討した結果、このEC-AX100に落ち着いたのであった。

おしまい。


……んなわけはない。

実際にモノが来てみると、思ってたよりも小振り。
早速使ってみる。

操作感
パイプの長さが調節できるのはよい。これのおかげで、身長が3mとかでない限りは、無理のない姿勢で掃除機がかけられるはずだ。
総じて問題ない……といいたいところだが、ヘッドの挙動だけは慣れが必要かもしれない。一旦宙に浮かせてから着地させるときの感覚(というか設置角度というべきか)で、すんなり着地できないことがあるので、そこんとこだけ要注意。

重量感
見た目はコンパクトだが、重さはある。ウチで使っていた紙パック掃除機よりも、若干重かった。
前述の通り、階段の掃除では重さが重要な要素だ。
だが、実際に持ち運んでみると、さほど苦にはならなかった。
最大の要因は、持ち運び用のハンドルが二箇所についていることかも。

本体前ハンドル本体ハンドル

特に本体前ハンドル(左の写真)は不動固定なので、運びながらの掃除には重宝する。

音と臭い
音は思っていたよりも静かだった。
それこそ、それまで使っていた紙パックタイプよりも低騒音だと思う。これは嬉しい誤算だ。
そして臭いだが、さすが『キレイオン』をうたうだけあってか、こちらもまったく問題なし。
排熱はそれなりに発生するが、それとともに今まで当たり前のように発せられていた掃除機特有の臭いがないというのは、肩透かしを食らったような気分だ。

お掃除感
さすが科学の進歩は凄い。
いまどきの掃除機なら皆、これくらいの仕事はしてくれるのかもしれないが、じゅうたんに絡みついた髪の毛や糸くずなど、何度もヘッドを往復させずとも、一、二度でスッと消え去る光景は、精神衛生上よろしくてよ。

ほとんどの掃除は強度『中』で行っている。
『強』にすると、じゅうたんの毛という毛をむしり取ってしまうのではないかという不安に駆られるためだ(もちろん、そんなことはないが)。

もう一つ、小さなマットやじゅうたんの端っこなどを掃除していると、ヘッドに吸い付いてめくれ上がってしまうことがある。それだけ吸引力が強いということの証明でもあるのだが、こういった箇所では、足などを使った押さえの利かせ方がポイントになりそうだ。

お手入れ
ダストカップやはり掃除のたびに、吸引したごみを目で確認し、すぐに捨てられるのは気持ちがよい。
もちろん、フィルターの目詰まりなどは時間の経過とともに課題となってくるが、これについても掃除機が警告を出してくれる(らしい)ので、そのときにメンテナンスすればよいことだ。

唯一の注意点は、ごみを捨てる際にダストカップの蓋がパカッと開くので、そのときに勢いよく出てきたごみが、ゴミ箱(ゴミ袋)からはみ出さないように気をつけなければならないことだろうか。
出てくるごみは、くずごみなどのほかに、粉っぽいものが多い。かなり細かいほこりまでとれているのかもしれない。

まとめ
総評としては、よい買い物だったと思う。
購入価格は、約35,000円。
サイクロン掃除機としては中堅どころといった位置づけだが、私は十分に満足。

付属品として、キーボードなどの隙間を掃除できるノズルや、ふとん掃除用のローラーヘッドなども標準添付。

無理なく、無駄なく。
重さと時々のメンテナンスさえ許容できるのであれば、掃除する楽しさが存分に味わえる掃除機だと思う。そういった意味では、マンション向きの掃除機と言えるかもしれない。

ただ、あまりの吸引力のためか、ちょっと離れたところからでも、PC周りに置いてあるmicroSDカードやら、SDカードアダプタやらを吸い込んでしまうのが困りもの。

いや、そのへんに放置しておく方が悪いというのは分かってはいるのだが……。

posted by たいにー at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 家電 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/122167985

この記事へのトラックバック