2016年07月24日

たいにーの動静っ中年・5月第二週(5/9〜5/15)〜過ぎたるは、なお及ばざるが如し

遺産の出すぎにはご注意を

アメリカのミュージシャンとして20世紀後半の音楽シーンを席巻したプリンス。
彼が亡くなったのが先月の話。享年57。

アメリカで偉大な功績を残した方が亡くなると、決まって出てくるのが遺産相続問題。
プリンスが残した遺産の総額は、日本円にして、なんと約1100億円。

プリンスは独身だったため、直接的には、妹さんが相続することになる。
だが、彼女のほかにも5人の異母兄弟が存在するらしく、事はそう単純ではない。

さらに、巨額の遺産を狙って「私も血縁関係であり、相続の権利がある」と主張してくる人や団体が後を絶たないらしい。その数、約700人というから、もはや小さな町や村ができそうな勢いだ。

血縁を主張する人々の理由もかなりのもの。やれ「一緒の写真に写っている」だの、「生まれ育った場所が一緒」だのと、荒唐無稽な理由を振りかざして、遺産の恩恵にすがろうとする輩もいるのだとか。

アメリカで大金が動くときには、大抵こういった、うさんくさい話が付きまとう。
死んでしまった人にとっては、どうでもいい話だが、残された方には骨肉の争いが待ち受けている。
少額ならざる資産を貯め込んでいる方は、万が一を考え、きちんと備えておいた方がいいかもしれない。

しかるべき相続内容を、いまからしたためておくか。
あるいは、今のうちに、パァーッと使っちゃうか。
日本経済のためにも、後者とかオススメなんだけど、どっすか?

今の都知事に汚名返上の余地はナシ?

舛添都知事バッシング、いまだ衰えず。むしろ盛り上がる一方。

最初はネットを中心に、局所的に騒ぎ立てているだけの感があった。だが、週刊文春が追撃砲を放ってくれたもんだから、マスコミ各社もこぞって取材合戦する展開にモードチェンジ。政治家というよりは、ほとんど芸能人スキャンダルのノリで、朝や夜やと、ニュース番組に彼の顔が出ない日はないほどの人気ぶり。いや、人気があるかどうかは別の話か。

『坊主憎けりゃ袈裟まで憎い』ではないが、彼はもはや、何をしても咎められるところまできている。

「都知事が海外視察に行かれた」(また公費使って!)
「都知事が施設の開園に立ち会われた」(私的目的なんじゃないの?)
「都知事が食事に出かけられた」(また経費で落とす気か!)
「都知事が就寝された」(寝てないで働け!)

……と実際に叫ばれたわけではないが、放っておくと、もはや人間としての行動すら否定されかねないありさまである。

これって、ののちゃん(兵庫県元県議の野々村竜太郎氏)と同じようなノリになりつつある。
すでに舛添都知事=悪のレッテルが定着しているため、次はどんな悪事が飛び出すのか、というところに楽しみを抱いている人もいそうだ。

マスコミの叩き方に行き過ぎ感があるのは否めないが、なにせこのヒト、説明していないからねぇ。
まさに自業自得。

ののちゃんのように、周りがドン引きするような号泣会見を見せれば、また状況も変わってくるのかもしれないが……(さらに悪化する、という意味で)。

問題児を処分するためのシナリオ

自社で製造する自動車の燃費データ改ざん問題で、揺れに揺れた三菱自動車。
その三菱自動車株の34%を、同社と提携関係にあった日産自動車が取得。事実上、三菱自が日産の子会社となることが決まった。

実のところ、三菱自のデータ不正を通報したのは、ほかならぬ日産である。
不正発覚が4月下旬、それから一か月と経たないタイミングでの買収劇に、

「(すべて日産の)計画通り!」

と、夜神月(デスノート)ばりのあくどい笑みを浮かべるカルロス・ゴーン日産社長の表情を想像した人も、いたに違いない。いやー、似合いそう。英語版だと”Exactly as planned”だとか。

話を聞いていると、日産と三菱グループ、場合によっては国交省が全部グルになって、三菱自動車の命運を決めたとしか思えないようなシナリオである。

もちろん、そーゆー筋書きだったら、たいそう盛り上がるところだが、現実にはそう単純ではなさそう。もちろん、不正を公表する時点で、三菱自の株価下落は自明だったわけで、そのときには、買収の可能性は現実味を帯びていたはずだ。

とはいえ、こと日本市場だけに限って言えば。
三菱自のデータ不正問題を、一番喜んでいるのは、フォルクスワーゲン社かもしれないね。
さっきのグルになってるメンバーに、加えておいた方がいいかもしれない。

 

今週のオマケ。
GWが終わってしまった。

GW明け最初の週の宿命

酒飲んで麻雀して、GWは終わった(前週の日記をご参照)。
人としてどうか、という罪悪感がないわけではないが、終わってしまったものは仕方がない。
これからは心を入れ替えて、きちんとした生活を送ることにしよう。

そう意気込んだ矢先。
朝の電車が遅れた。

どこぞでは線路に人が立ち入ったり、どこぞでは車内でトラブルが発生したり、別のどこぞでは線路が折れてしまったりと、各地でGW終了の悲しみが、さまざまな形となって表れる。

あくる日は、湘南新宿ライン車両の扉が閉まらなくなるというトラブルが発生。こともあろうに、一か所の扉を開けたまま(該当箇所には応急的に横断幕を張って)走行するという事態に。当然ながら、横須賀線、湘南新宿ラインは大幅に遅延。

さらに次の日、川崎の変電所火災で一帯が停電、南武線や京浜東北がマヒ。
しびれを切らしたか、京浜東北線車内の乗客が、無断で線路上に降り、東海道線や横須賀線、湘南新宿ラインが仲良くストップ。

おなか一杯なところに、今度は踏切の遮断機を潜り抜けて線路に立ち入った影響で、山手線まで巻き添えに。変電所の火災はやむを得ないにしても、身勝手バカ2名が、事態を大幅に負の方向へ増幅させたことは間違いない。『万死に値する』という言葉がこれほど適当なケースも、そうはあるまい。

というわけで、GW明け最初の週は、一日としてまともなダイヤで走ったためしナシ。
これもまた、この時期の風物詩とゆーやつか。

posted by たいにー at 09:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月23日

たいにーの動静っ中年・5月第一週(5/2〜5/8)〜磨けよ発想力、めぐらせよ想像力

日本酒で広がる国際交流

日本酒飲み放題(注ぎ放題)という『KURAND MARKET』の新宿店に行ってみた。

『若者の日本酒離れ』なんて言葉が叫ばれて久しいが、行ってみると、どうしてどうして。客の半数以上は、いわゆる若者。少なくとも私よりは若者。十分に若者。

この店は、冷蔵ケースの中に入っている各種日本酒の一升瓶を自分で取り出し、好きなだけ注いで、自席でたしなむというスタイル。冷ケースの中には、日本酒のほか、リキュールも豊富にそろっており、いわゆる若者軍団は、ほとんどがこのリキュール目指して一直線。貴様ら、なぜここに来た!?

ま、それはともかく、我々の隣に、一人で来ていた外国人(アジア系オーストラリア人)がいた。
この方、おひとりで日本に来て、新小岩で民泊するかたわら、このお店を目指してきたという、なかなかにディープな御仁。すべてインターネットで情報収集したらしい。ネット社会バンザイ。

日本酒を通じた国際交流。
これぞ、クールジャパンである。
……ホントにクールか?

そのニックネームを声に出してみたことはあるか?

今どきは、ネットでなんでも予約できてしまう時代。
その利便性をTVCMで訴求するケースも多く。テレビがネットの利用を促進する、なんとも不思議なご時世となった。

そんな中で、悲劇は起こった。
場所はとあるマッサージ屋さん。とある女性が、某美容系店舗予約サイトでマッサージ屋を予約、そのお店へと向かう。ここまではよかった。

この予約の際、女性が使ったハンドル(ニックネーム)が、なんと『マウンテンクソババア』(のような名前、とご本人談)。
本名などの付帯情報なしに予約したもんだから、美容室側が個人を特定する情報は、この名前をおいて、ほかになし。すると、どうなるか。お店に響き渡るのは、

「ご予約のマウンテンクソババア様ですね」

という、苦笑いなしには口にするのが難しいセリフ。
これを真顔で言えたとしたら、その店員は、もはやプロだ。

この予約した女性、美容室の予約などでも同様のハンドルを使っていたが、特に突っ込まれたことはないらしい。また、この事実に気づいてしまっては、今さら本名で予約するのほはばかられるのだとか。

そりゃそうだよなー。
「あれが噂のマウンテンクソババアさん?」
とかなったら……、なんともおいたわしや。

皆さんも、リアルで呼ばれる可能性のあるハンドルには、くれぐれもお気をつけあれ。

GWに社会人としてなすべきこととは

世の中、GWである。

毎度のことながら、大勢が動く時期に旅行に行く気にはならないし、そもそもお値段激高なので、検討にも値しない。同じ旅に出るなら、人の少ない静かな時期に、お安い値段で行く方が、私の性には合っている。

こーゆーときは、おとなしく仕事をするに限る。
仕事が少ないな〜とか、空席が目立つな〜とか、余計なことは考えない。一心不乱に仕事を(見つけ出して)こなす。これぞ、社会人のあるべき姿だ。

すると、仕事中のお昼過ぎ、いずこからか罠が仕掛けられる。

「今日、麻雀行きませんか?」
「どうせ仕事少ないでしょ? 残業もないでしょうし」
「今ならたぶん空いてますよ、もう打ち放題」

別に混んでいたからといって、麻雀を手加減して打ったことはないのだが、『空いてそう』というところに魅力を感じた私は、「しかたない、リアルゴールでも飲みに行くか」と、うかつにも、その誘いに乗ってしまうのである(行きつけの雀荘は、ソフトドリンクが飲み放題)。

で、行ってみると。
店内はスーツ姿のサラリーマンで大賑わい。
世の中はGW真っただ中だというのに。お前ら、麻雀以外にすることはないのか!?
もちろん、自分は棚の上である。

 

今週のオマケ。
オマケというか、最近、私が欲しているもの。

オーディオプレイヤーに求めし機能

続きを読む
posted by たいにー at 14:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月10日

グランツリー武蔵小杉内の雨時々小豆では、甘味ではなくローストビーフ丼がトレンド?

ブームの波は、ついに武蔵小杉にも?

最近、巷でローストビーフ丼なるものが、ブームである。

火付け役とされるのは、高田馬場のレッドロックというお店で、マスコミなどでとりあげられ、人気を博すと、あTこちの店でローストビーフ丼を提供するお店が続出。一躍ブームと化した。

ローストビーフ丼なんて、そのへんのスーパーで買ってきたローストビーフをごはんの上にのせて、適当に醤油かソースでもかければ完成だろう、と私などは考えてしまうわけだが、どうやらそーゆーものでもないらしい。

ローストビーフは、とにかく山盛り。その上に卵や独自のソースをかけ、お店ならではの味を出すことに、各店とも腐心しているのだとか。

今をときめくローストビーフ丼だからこそ、今をときめく武蔵小杉でもあるのではないか?

ありました。
しかし、提供していたのは、どこぞのレストランでも、どこぞの定食屋さんでもなく、なんと甘味屋さん。グランツリー武蔵小杉の中にある『雨時々小豆』(あめときどきあずき)という店であった。

雨時々小豆(グランツリー武蔵小杉)

『甘味処』という垂れ幕を掲げる通り、このお店の主線は、和のスイーツ。
わらびもちや抹茶アイス、みたらし団子など、お茶とともにいただきたい甘味がウリである。

その一方で、軽めのお食事メニューも用意されている。
けんちんうどんや豆乳うどんなど、女性向きのメニューを用意。奥様方のランチ需要にも応える。

そんな同店が、ローストビーフ丼を始めた。
サイズは並盛りと大盛りの二種類。いずれも味噌汁が付き、豪勢にいきたい、という方は、追加料金でビールセット、あるいは甘味セットなんてこともできちゃう。

せっかくだから、話題のローストビーフ丼、いただいてみるとしよう。

女性向けの丼でも、肉のデカさは容赦なし

ローストビーフ丼・大盛(雨時々小豆)ローストビーフ丼・並盛(雨時々小豆)

で、こちらがそのローストビーフ丼。
左の写真が大盛り、右の写真が並盛り。
写真だと分かりづらいが、肉とご飯の量が、大盛りと並盛りでは明らかに違っている。
当然、大盛りのほうが多い。

添えられているのは、かいわれ大根と卵黄、大根おろし。そしてその上から、自家製の特製甘だれとサワーマヨネーズが縦横無尽に駆け巡る。

では、いただきます。

……肉、でかっ。
一切れの肉がデカい。基本的に一口でほおばるのはあきらめたほうが良い、それくらいのデカさだ。

並盛りだと普通だが、大盛りだと確実にボリューム感はある。とはいえ、あくまで中年男性の感覚であり、育ち盛りの若者や、食欲旺盛な肉食女子にとっては、その限りではないかもしれないが。

これでもか、とご飯を覆いつくすローストビーフ。唯一無二の主役である薄切り肉の存在は、必要にして十分。ソースの味は、ドレッシングのような感じで、かいわれ大根とのコンビネーションの相まって、サラダ感覚で食べられる。このあたりのバランスも、女性を意識してのことか。

もうひと工夫あれば看板メニューも夢ではない?

ローストビーフ丼・大盛(雨時々小豆)

まごうことなく楽しめたローストビーフ丼だが、願わくば改善してほしい、という点もいくつかある。

一つは、一切れあたりの肉が大きすぎること。
ボリューム感を出すための演出なのかもしれないが、男性の私が食べづらさを感じたほどだから、女性はもっとしんどいのではなかろうか。細切れにすると、見た目のインパクトこそ弱くはなってしまうが、その分『積み上げられる』感は強調されそう。

もう一つ、ローストビーフを楽しむための『もう一味』がほしい。
例えばしょうが、例えばこしょう、例えば山椒……といった感じで、丼全体を終始甘酸っぱいソースでいただくからこそ、途中にメリハリをつけるためのひと工夫がほしいところ。

あと、いわゆる『ブームの大元』と呼ばれるお店のローストビーフ丼と比べると、お値段の割には、若干見劣りしてしまうかもしれない。そのあたりは、立地であったり、ターゲットであったり、単純な比較はできないということで、ここは納得しておこう。

以上、ぜいたくなリクエストでした。

 

言いたいことを言って(書いて)はみたが、なんやかんやで、きっちり堪能し、きっちり完食。
見れば、週末のお昼どき、店内は女性中心に多くのお客さんで賑わい、ほとんどの方が、ローストビーフ丼を注文されていたご様子。やはり女性は、流行には目ざとい、ということか。

グランツリーの公式サイトにおける、『雨時々小豆』の店舗紹介ページなどを見ても、メインの写真には、甘味ではなく、今やローストビーフ丼が据えられている。同店は今後、ローストビーフ丼をメインに推していく、とことなのかもしれない。

武蔵小杉で食べられる、数少ないローストビーフ丼を提供するお店。
興味のある方は、ぜひ一度おためしを。

posted by たいにー at 17:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

たいにーの動静っ中年・4月第四週(4/25〜5/1)〜その所業は、許すに足るや否や

人工衛星『ひとみ』の失敗は、次の成功への糧とすべし

日本のX線天文衛星史上、最大サイズを誇る人工衛星『ひとみ』。
X線を観測し、ブラックホールなどの存在を詳しく調べるための存在として期待を持たれていたが、今回、運用を断念することが発表された。

原因は、人為的な操作ミスとされている。
これにより、電源となる太陽電池パネルが分解してしまった可能性が高く、回復は絶望的とのこと。イメージとしては『操作禁止』と書かれた自爆ボタンを押してしまったようなものか。

『ひとみ』の打ち上げにかかった費用、日本の負担分だけで約310億円。
それが文字通り宇宙のチリと消えた。

ミスに至った経緯については、是が非でも究明していただき、二度とこのようなことが起こらないよう、再発防止に努めてもらう義務が、JAXAにはある。ただし、これはあくまで組織としての作業であり、結果である。誰がやったのか、という犯人探しや、あまつさえ、その人を糾弾するような流れには、絶対にしてほしくない。

もっとも、やった当事者が、
「めんごめんごー、押しちゃダメっていうボタン、押しちゃったわ〜」
とか言ってるようなら、一度つるし上げておいた方が、世の中のためかもしれないが。

火事場泥棒たちの血の色は何色だ?

断続的に『強い揺れ』どころか『激しい揺れ』に襲われ、熊本を中心に多くの家屋や社会インフラが崩壊した九州地方。
その九州で、人間とは思えない事件が続発した。

住民が避難中のアパートを物色したとして、21歳と30歳の会社員男性を逮捕。「地震後は無施錠の家が多いので盗みやすいと思った」と、完全に確信犯な供述。

震源に近い熊本県益城町の無職女性宅から、DVDなど約8000円相当の品物を盗んだとして、51歳の会社員男性が逮捕。

このほか、熊本市内を中心に、空き巣や事務所荒らしなどの窃盗被害を訴える110番通報が、数十件にのぼったという。つまり、捕まったヤツらは、あくまで氷山の一角、ということになる。

くそっ、こいつらの血の色は何色だ。
世間一般では、震災時の火事場泥棒については、通常よりも刑を重くする(厳罰化する)ことを望む声が高まっている。同じ犯罪でも、被害者の置かれた状況や、その影響度合いなどを考えれば、厳罰化は大いに意味がる。

それにしても、無職など、生活に困窮している人ならともかく、まっとうな会社員(社会人)までもが、平然と盗みに入るとは……。

ただでさえ苦しんでいる人に、さらに追い打ちをかけるような所業は、断固許すまじ。
盗みに入ったヤツは、通常比2割増し程度の刑期に処したとしても、文句を言う人はそうはおるまいて。

かつての国際政治学者も、いまや向かうところ敵だらけ

今や時の人、舛添都知事が、東京都民はおろか、日本国中から総スカンを食らっている。

都有地に韓国人学校を作ろうとしたのがケチのつけ始め。
その後、高額海外出張費問題、自分の別荘への移動に公用車を使った問題、別荘を事務所代わりにして仕事をしていた危機管理の問題……などなど、舛添知事を引きずり下ろすために、皆が結託したのではないかと思うほど、あれやこれやと、グレーな問題のオンパレード。

ややエスカレートが過ぎる感は否めないが、それでも勝手に責務の範囲を拡大し、それに見合う予算を勝手に吊り上げる。規程に反していないからと、指摘された内容をすべて正当化する。ことさらに『都市外交』を標榜し、まるで国家の代表かのような振る舞いを公然とやってのける。

必要以上に世論を気にする必要はないにしても、世情を読めない政治家は退任いただいたほうが東京のため、国のためになる気がする。

舛添知事だって、決してバカなお人ではないはず。
だからといって、「俺は優秀なんだからこれだけの金を使ったって問題ない!」と豪語するのは、もはや政治じゃない。ただの独裁。

金曜の14時半に都庁を出て、公用車で別荘に向かう。
仕事をしているのだから問題ないとの強弁だが、それなら子育て世代とかをサポートして、在宅勤務の充実を図るとか、自分のこと『以外』で成果を出してみなはれ。

 

今週のオマケ。
秋葉原の老舗店舗が、その歴史に幕。

さらば、パソコンハウス東映

続きを読む
posted by たいにー at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月02日

たいにーの動静っ中年・4月第三週(4/18〜4/24)〜心につぶやきを、つぶやきに心を

何もせず、ネットであれこれ書くだけなのはダメらしい

熊本地震の爪痕は、ことのほか大きい。
過去の震災に比べ、範囲こそ小さいが、同じ地域で、大規模な揺れが断続的に続いたこともあって、被災した方々は途方に暮れるよりほかない、というありさま。

そんな中、被災地から発信されたある芸能人のSNSに、ネットユーザーが噛みついた。
「愚痴りたいのはお前だけではない」と中傷され、ブログの更新をやめる顛末に。

また、別の芸能人は、被災地に関するツイートを発進したところ、「指で操作するだけじゃなくてなんか行動すればいいのに」とツッコミを受けるありさま。そっくりそのまま返してやれ、と言いたくなる。

そもそもパソコン通信の時代は、ネットで別人格を作ることが多かった。
インターネットが当たり前になった今では、人格を構成する必要すらなく、感じたことをそのまま書き込む。言わば、通常は人に言えない心の声を、匿名であることをいいことに、書き殴っている。

飲み屋、キャバクラ、居酒屋で愚痴ってるレベルと一緒。
飲み屋でほめたたえるような発言をする人は少ない。基本的には不平、不満、愚痴のオンパレード。それらの向かう矛先がネットに来て、しかも歯止めが利かなくなっただけの話。

他人を糾弾しているヒマがあったら、自分の行動を顧みるべき。
あ、私もか……。

政治家というより、人として言ってはいけないこと

おおさか維新の会の片山虎之助共同代表が、当の会合で熊本地震について発言。
この発言が、凄かった。

「(ダブル選挙実施の可否や消費税増税実現の判断に影響を与える意味で)大変、タイミングのいい地震だ」

百歩譲って、心の中でつぶやく程度であれば、まだ理解できる。
だが、それを公然と発言してしまえる、その神経が私にはわからない。

これって、未曽有の国難よりも、自身や自党の政治活動が優先された、ということ。
そんな人に、国を治める能力が、果たしてあろうものか。

『姫の虎退治』で物議を醸した郵政造反組としての落選以来、自民党に復することはなく、淡々と己の道を貫いてきた彼の姿には、一目置くものがあると感じていたのだが、この発言は、彼のこれまでの功績をすべて無に帰すに等しいものと考えている。直後に撤回こそされているものの、政治家としては、失格の烙印を押すに足る発言だ。

なにより、被災者の方がどう感じたのか。
発言と彼の政治姿勢に対する是非は、有権者が判断してくれることだろう。

香港の恐るべき罰則

ゴールデンウィーク明け、香港へのPHS機器持ち込みが、全面的に禁止となる。
違反すると、5万香港ドル(日本円で約72万5000円)の罰金、もしくは2年間の禁固刑が課せられるとのこと。

IT機器の持ち込み禁止というと、かつてはパソコンのセキュリティを解除しないと持ち込みさせないなど、中国ならではの情報統制による検閲が真っ先に頭をよぎるが、今回の禁止令は、あくまでPHSに割り当てている周波数帯を開放する(別用途に転用する)ためのもので、その妨げとならないよう、注意喚起を促すための措置らしい。日本でいうところの電波法違反のようなものか。

知らなかったでは、おそらくすまされないのだろうなあ。
日本でPHS機器を持っている人は、今となってはそう多くはないだろうが、絶滅しているわけではない。安くない罰金を取られる可能性は、十分にある。

香港へ行く際は、くれぐれも気を付けたいものである。
もっとも、行く予定は微塵もないのだが。

 

今週のオマケ。
横須賀線に不満をお持ちの皆さん、お待たせしました。
いや、混雑はどうにもならないが……

続きを読む
posted by たいにー at 14:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする