2016年02月24日

第75回こすぎナイトキャンパス『「武蔵小杉・日吉・綱島ジモト飯」を語ろう!』に参加してきた

過日、こすぎナイトキャンパスに参加してきた。

こすぎナイトキャンパスといえば、地元の方は知っている方も多いであろう、武蔵小杉とその周辺にお住まい、あるいはお勤めの方が集う、読書を通じた憩いの場。

普段、公言できるほど本を読まない私が参加するテーマと言えば……
指定図書は、TOKYO WALKER・ウォーカームックとして出版された『武蔵小杉・日吉・綱島ジモト飯』。
そう、武蔵小杉周辺の飲食事情だ。

武蔵小杉・日吉・綱島ジモト飯(ウォーカームック)

今回の参加者は20名近く。
通常のナイトキャンパスに比べると『非常に多い』とされる参加者が集い、本の中で紹介されている店舗を中心に、さまざまな談議がなされた。このあたりは、過去にナイトキャンパスで『武蔵小杉Walker』がとりあげられたときと、ほぼ一緒。

毎度のことではあるが、このイベントにおける指定書籍の存在は、会話の『きっかけ』に過ぎない。
基本的には、この本に沿った議論を行うという体裁になってはいるものの、そこに束縛や確たるルールづけがあるわけではない。本に載っていない、あるいは対象地域外の店舗に関する話題も多く飛び交い、長く住んでいる方は自身の経験を如何なく披露、比較的新しい住民の方は、まだ見ぬオススメ店舗の情報収集に余念がない様子。

3つのグループに分かれてのトークだったが、我々のグループでは、比較的元住吉に土地勘のある方が多く、ブレーメン通りを中心とした飲食店の名前が数多く挙がった。と同時に、元住吉の飲食店の移り変わりの早さも話題に。去年できたばかりのお店が、今年はもうなくなっているなど、時の流れ以上の変化の速さを、皆で共感。

あとは、老舗のお店が武蔵小杉にはあまり多くなく、んでもって数少ない老舗店も、意外に足を運んだことのない店が多い、ということを実感。皆さんの意見を伺いながら、せっかくなので一度行ってみようか、と重い腰をあげさせてくれそうな、楽しい会話となった。

毎度のことであるが、イベントを運営されるスタッフの皆様、おつかれさまでした。
そして、ありがとうございます。

 

肝心の書籍『武蔵小杉・日吉・綱島ジモト飯』についても、少しふれておこう。

同様の書籍と言えば、過去に二回出版されている『武蔵小杉Walker』が記憶に新しい。
武蔵小杉や新丸子の店舗については、基本的に過去の記事の焼き直し+新店といった構成。使い回しの色はどうしても濃くなるが、それでも情報誌としての価値が損なわれていないのは、次々と進展がオープンしているがゆえか。

また、日吉や綱島といった、横浜市(港北区)内の地域にスポットが当たっているのも、大きな特徴。
このあたりは、若者向けのコストパフォーマンスの高いお店も多く、そういった情報に容易にアクセスできる素材となっている。

横浜といえば、今回のこすぎナイトキャンパスには、日吉を中心とした情報発信活動を積極的に行っている、横浜日吉新聞の方が、ゲストで参加されていた。単なる情報収集にとどまらず、地域自治という観点で非常に熱心に取り組まれている様子が感じられ、ご近所さんとして、ともに盛り上げていければいいな、と感じた次第。

 

実際、このナイトキャンパス終了後には、参加者の有志による、簡単なお食事会が行われたのだが。
それはもう、武蔵小杉という枠にとどまらず、中原区、川崎市、そしてお隣の横浜市までをも巻き込んだ、地域コミュニティのあり方を巡る、熱い議論が交わされた。ただの一住民に過ぎない私は、ただただ感心しながら聴くばかり。

勝手知ったる友人と語るのも楽しいが、たまには同じ地域に住まう幅広い方々と意見を交わし、武蔵小杉の現状と未来を真剣に考える機会も持つべきだなあ、とあらためて考えさせられるのである。

もっとも、普段、何も考えずに生活しすぎ、というのも、否定できないわけだが……。

posted by たいにー at 23:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月17日

たいにーの動静っ中年・1月第一週(1/4〜1/10)〜その煙に火元はありや、なしや

『ケンカするほど仲がいい』が通用しない中東

サウジアラビアが、イランとの国交断交を発表した。
1900年代中期ならともかく、21世紀のこの時代に、あっさりと国交を破棄することがあるものなのかと、驚くやら不思議がるやら。

といっても、原因がなかったわけではない。
事の発端は、年明けにサウジ政府が政府批判の罪で逮捕していたシーア派指導者の処刑を発表したこと。これに起こったイランのシーア派信者が、イラン国内のサウジ大使館を襲撃。そして断交へと至る。

IS(イスラム国)問題で、とかく煙たがられる存在のイスラム教にあって、スンニ派(サウジ内の多数派)、シーア派(イラン内の多数派)の対立は根深い。その深さはキリスト教のカトリックvsプロテスタントにも勝る(かもしれない)。

この平和な近代にあってなんで……と言いたいところだが、日本の近くにだって、ミサイル撃ちまくって隣国を挑発する国があったり、勝手に島を作って「この辺の海はオレのもんだ」とジャイアニズムを展開する国があったりする。国家間の対立は、別に中東の専売特許ではないということか。

ところで、イランとサウジといえば、アジアサッカーではそれなりの強豪国。
大会では、試合でぶつかることも珍しからず。
今、試合なんかやろうもんなら……大丈夫かしら?

北の将軍様の新年行事

その『隣国を挑発する国』、北朝鮮が、水爆実験に成功したと発表した。

人造人間19号こと、金正恩第一書記が「どうだ、北朝鮮はすごいだろー、ISや中東も派手にやってるようだが、ウチを無視すると大変なことになるぞー」と国際的にアピールするためのセレモニーだったようだが、その背景に、多くの北朝鮮国民の生活が犠牲があるということは、想像に難くない。

爆発が小さすぎるとして、水爆実験とは認められないとする米国。
こわっぱ(19号)の暴走を止めるに止められず、歯ぎしりするジャイアニズム中国。
日本ですら掴んでいた北の実験を、まったく把握できていなかったことにショックを受ける韓国。

まさに三者三様。
北朝鮮お得意の無慈悲攻撃が、さまざまな形で各国に影響を及ぼしている。

だが、北朝鮮が現実に、そして最も無慈悲に相対しているのは……北朝鮮内の国民だよね、やっぱり。
こういうニュースを見るたびに、日本に生まれてよかったと、心底思うわけで。

清純派の華麗なる変貌

週刊文春に端を発する形で、ベッキーと川谷絵音の交際報道が拡散された。
川谷絵音って誰? と思ったら、ロックバンド『ゲスの極み乙女』のボーカルだそーで。
この話、いろいろめんどくさい。
それまで、浮いた話がほとんどなかったベッキーにとっては、年齢的にも相応な話題であるはずなのだが、それが歓迎されなかったのは、相手の川谷氏が、できたてホヤホヤの既婚者だったから。

しかもこの川谷氏、昨夏に入籍後、その事実を隠したままベッキーと交際。どこからどう入手したのか分からないが、二人のLINEのやりとりでは、離婚届を『卒論』と称し、『卒論(離婚)待ち』といった表現が飛び交うなど、二人にとって、あまりにも分の悪い材料が次から次へと。

多数のTVレギュラーと、多数のTVCMを抱える超売れっ子は、火消しに奔走。
急きょ謝罪会見を開き、不倫ではない、ただの友人関係であると弁明。

昨今の危機管理事情に照らし合わせれば、賢明かつ迅速な対応……と言いたいところだが、取材陣からの質問は一切シャットアウトという、強制一方通行的な会見は、謝罪会見の名を借りた、スポンサー企業に対するビデオメッセージ的会見に過ぎないという見方も。

この一件で、ベッキーのCM本数減は不可避だろう。
だがここは敢えて彼女を起用し、『清純派から妖艶派に華麗なる変貌』のような商品展開を仕掛ける企業は現れないものか。化粧品メーカーとか、どっすかね?

非は川谷氏側の方が大きいと思うが、影響はベッキー側が甚大というのが、若干やるせない。
あと、各メディア『ゲスの極み乙女・川谷』と書くのが面倒臭くなってきたのか、略して『ゲス川谷』と記述するようになったのが、的を射ているというか、何というか……。

 

今週のオマケ。
2016年も、ワタシは元気に1月4日から働いてます!

仕事始めによくある光景!?

続きを読む
posted by たいにー at 23:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月06日

鶏料理ならお任せ、『空飛ぶ宮崎産若鶏』の真髄を味わえる、とり家ゑび寿 武蔵小杉店

東急武蔵小杉駅の西側、マクドナルド武蔵小杉店の地下。
ここは確か、以前は『やるき茶屋』ではなかったか。
それがいつの間にか、『とり家ゑび寿』という店になっていた。

とり家ゑび寿(えびす) 武蔵小杉店

お店を運営しているのは、『庄や』などでおなじみ、大庄グループ。
『やるき茶屋』もこちらの系列店なので、別業態の店を突っ込んできた、というところか。

この日は、ココと別のある店、どちらに行こうかで悩んでいたのだが、もう一方の方はいずれ行くかもしれないけれど、こちら(とり家ゑび寿)はもう二度と来る機会はないかもしれないと思い、背水の陣の構えで乗り込んでみた。『背水の陣』の使い方が違う気もするけど。

そしてワタシは実感する。
次(二度目)に来る機会をいつにしようか、と。

鶏肉の旨さは鮮度にあり

コチラのお店、肩書の通り『とり家』である。
看板には『宮崎さんの旨い鳥』と書かれていたので、地頭鷄に代表される宮崎地鶏をイメージしていたのだが、そちら方面ではない。

代わりにうたわれているのが『空飛ぶ宮崎産若鶏』。
これは、新鮮な若鶏を宮崎から空輸し、さばいてから一日で提供される『鮮度の高さ』を前面に押し出したうたい文句だ。ふむ。

生ビール大サイズ(中サイズ+100円なのでお得な感じ)とともに、まずは砂肝焼きとミックス焼きを注文する。

砂肝焼き(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

こちら、私の三大好物のひとつでもある、砂肝焼き。
「焼き鳥の3〜4串分はありますよ」という店員さんの言葉は伊達じゃない。ちょうどそれくらいの量を、串を外して出してもらった感じ。グループで食べるときなどは、串から外すケースも多いだろうから、むしろありがたいかも。

ミックス焼き(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

そしてミックス焼き。こちらはその名の通り、ももやレバー、せせり、ハツなど、その日のオススメ部位6種を少しずつ盛り合わせたもの。少しずつゆーても、全部合わさればこのボリューム。いろいろな部位が楽しめるだけに、まずはミックス焼きを注文してt、その中で気に入った部位があれば、あらためて単品注文、といった方法もアリかと。

ハツ焼き(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

で、その流れに乗って、私はハツ焼きを追加。
肉の歯ごたえというか、弾力感というか、このプリッとした感じは、鮮度の良さがあってのものか。

焼き物以外もいくつか頼んでみる。

一つは、特製むね肉のタタキ 土佐造り風。
鮮度を重視しているお店であれば、こういった生肉系の料理も、心情的に頼みやすい。

そのほか、ねぎ焼き、ししとうネギ醤油炒め、〆にはTKG(たまごかけごはん)を注文した。

特製むね肉のタタキ 土佐造り風(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

TKG(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)TKG(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

TKGは、のりの佃煮も入った変わり種だが、これが意外と会う。普段、あまりたまごかけごはんを好んで食べない家人が、気に入っていたほどだ。

また、一緒にやってきた鶏がらスープが、これまたグッド。
こちらには鶏だんごがイン。ワタシ、肉だんご系はあまり好きではないのだが、これは美味しい。スープも鶏だんごも素晴らしいバランス。このスープで食べられるとすれば、別メニューで用意されている鶏スープラーメンも期待できそう。

日本酒グラス(とり家ゑび寿 武蔵小杉店)

なお、お酒類は、ビールのほか、日本酒、焼酎を取り揃える。
宮崎鶏をウリにしているので、てっきり焼酎推しなのかと思いきや、ラインナップとしては、意外にも日本酒の方が充実している。

そして、焼酎ともども、意外と値段がお安い。
これではあれこれ頼んで、あれこれ飲めてしまう。危険だ。

『空飛ぶ若鶏』の看板に偽りなし

注文する際、お店のスタッフからは、内蔵系がおススメですよ、と案内された。
実際食べてみると、その自信は、けっしてハッタリではないことを実感する。内蔵系を美味しくいただけるというのは、新鮮な鶏肉を使っているからこその証。まさに『空飛ぶ若鶏』の面目躍如である。

コチラのお店、良くも悪くも鶏肉に特化したお店である。
ゆえに、牛肉が食べたいよ〜とか、魚料理はないの〜、といったニーズを満たすのは難しい。だが、鶏料理ならお任せあれ。お値段的にもリーズナブルなので、「今日はお腹いっぱい鶏肉が食べたい!」という気分のときには、うってつけのお店となるだろう。

どうせい『庄や』のチェーン系居酒屋でしょ、と侮るなかれ。
お料理が美味しければ、、個人店だろうがチェーン店だろうが、関係なし。

いろいろなサイトに紹介記事が掲載されていて、どうせ提灯記事なんじゃないの? と勘繰りたくもなるが、実際にその足で確かめてみれば、答えはおのずと分かるはず。ぜひとも、先入観なしで足を運んでみていただきたい。もっとも、先入観があったとしても、その既成概念を打破する力は、十分にありそうだが。

次はレバーと、勝利のから揚げ(Vチキン)なるものを食べてみたいぞ。
しばらく『鶏断ち』してから、また行きましょうかね。

posted by たいにー at 11:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年02月01日

たいにーの動静っ中年・12月第四週(12/28〜1/3)〜放置問題の顛末は鎮火かそれとも炎上か

慰安婦問題、電光石火の形式的決着

日韓関係における懸念事項の一つ、従軍慰安婦問題。
未来永劫、お互いに歩み寄ることはないだろうと思っていたが、先ごろ行われた日韓外相会談で、まさかの展開に。慰安婦問題についてh『最終的かつ不可逆的に解決』することで、双方が合意に達した。

にわかには信じがたい報道だったが、両外相が悪手をする映像が流れたところを見ると、どうやらまんざらでもないらしい。

合意の内容は、大まかに言えば『日本が慰安婦支援のための基金設立に10億円を拠出するから、韓国はこの問題を二度と蒸し返さない』とするもの。

基金設立の話は、以前にもあった話で、今このタイミングで合意に至るのは不自然である。その背景には、韓国の経済情勢、および米国からの圧力があるというのが、大方の見解だ。特に今回の合意には、この米国を絡めたことが、特に日本にとっては大きい。『蒸し返さない』ことを、世界的に認めさせた格好となったからだ。

とはいえ、それでも蒸し返すのが韓国という国である。
特にこの国は、民族感情を国が抑えられないという、致命的な欠陥を持つ。合意の破棄も決してあり得ない話ではないが、もしそうなれば、諸外国の冷ややかな視線にさらされるのは必定。安倍首相&岸田外相としては、うまくやったわけだ。

さて、元慰安婦を自称する方々は、どう出ますか。
国家間としては合意したので、あとの文句は自国に言ってくれ、ということになるが、そういう理屈は、あの国には通用しないんだろーなー。

いつもの初売り、いつもでない光景

今年も某百貨店の初売りに行ってきた。

いつものように、いつもな感じで、福袋を買った。
毎年、同じ店で福袋を買っているせいもあるのだが、毎年、同じようなデザインのコートが増えていく。モノは良さそうなのだが、パッと見で同じようなコートが、合計3着になってしまった。これでは着こなしどころではない。

しかし、もっと大変な事態が、横浜と二子玉川で起きていた。

横浜では、ヨド○シカメラの福袋列先頭付近に、数十人単位で割り込みが発生。タブレット系の福袋は、ほとんどこの集団が買い占めて行った。

一方、二子玉川では、スター○ックスの福袋に長蛇の列ができたものの、先頭に置いてあった謎のイスのところに、開店直前になって男が並び、この店で販売する予定だった福袋をすべて買い占め。後続の人は誰も買えないという事態に。

両者に共通するのは、いずれも転売屋の仕業だったということ。
そしてそれに対して、店側が何も対応をとらなかったということ。

売る側としては、過不足なく、予定数が捌ければ、別に誰が買ってもいいのかもしれないが。お店(会社)のブランドやイメージがガタ落ちすることは、覚悟しておいていただきたい。

そういえば、私が並んだ百貨店では、今年は外国人(というか、ほとんどアジア系)の客が多く見られた気がする。福袋事情も、以前とは変わったのだなあ、としみじみ感じずにはいられない。

しくじり先生で教えを請いたいアノ人たち

正月といえば、こたつでミカン、そしてテレビをだらだら見る、これに限る。
見たのは『相棒』やら『格付けチェック』やら『しくじり先生』やら『大食い王選手権』やら。

『大食い王』は、見ているだけで満腹感を刺激される(空腹感ではないのがミソ)ので、正月の食べ過ぎ抑制には効果があったかもしれない。

『しくじり先生』の方は、番組を見ながら、こういうのって、例えば会社の中とかでも応用できるよな〜、上司の人とか、自分のしくじり体験を部下に喋ってくれないかな〜、でも結果的に出世してる人だと、あまり説得力ないのかな〜、とか、余計なことを考える。

余計なことついでに、こんな人が出演しないかな〜、というのも考えてみた。

勝手に決めつけてイラクを爆撃しちゃった先生(ブッシュ)とか、
金メダルを取りながら欲望に負けて教え子に手を出しちゃった先生(内柴正人)とか、
失言しまくって総理どころか五輪組織委員長の座すら追われている先生(森喜朗)とか、
番組制作担当は、ぜひともオファーしてみてほしい。

 

今週のオマケ。
今年は短い休みであったことよのう。

短い休みを満喫するコツ

続きを読む
posted by たいにー at 23:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする