2015年10月25日

二年ぶりの機種変更、4代目(4台目)スマートフォンは、au HTV31(HTC J butterfly)に

いろいろ事情があって、スマートフォンの機種変更を行った。

変更前は、auのHTL22(HTC J One)。
変更後は、auのHTV31(HTC J butterfly)。

これで三代(三台)続けてHTCとなった。
三代同じメーカーの端末を買うのは、J-PHONE時代のシャープ端末以来かもしれない。
#J-SH02→J-SH51→J-SH52

理由は実にくだらないもので、

  • HTL22購入から2年が経った(端末購入の割引が終わる)
  • HTL22のボリュームキーが利きにくくなった
  • HTL22のヘッドフォンジャックの接触がよろしくない
  • 飽きた
  • HTV31の価格が若干下がった

……とまあ、こんな感じ。

HTV31 HTC J butterfly

機種変更先としては、最初からHTV31一択。
発売されたばかりのiPhone6sは、まったく眼中になかった。

機種変更にはメリット・デメリットがつきもの

買い替えてよかったこと。

  • ボリュームキーが利くようになった(当たり前)
  • ヘッドフォンジャックの接触もよくなった(当たり前)
  • なんとなく音がいい
  • 環境が良ければ、フルセグ放送も見られる(ワンセグとは段違い)
  • SIMカードの出し入れが簡単

これに対し、デメリットは、

  • 本体がデカいので、片手で操作し辛い(私のように指が短い人はタイヘン)
  • 噂に違わず、松岡修造のように熱い
  • 相変わらずHTC SENSEのカスタマイズ性が低い

大きさという点では、それまで使っていたHTL22と比べると、一目瞭然。

HTV31(左)とHTL22(右)の大きさ比較

高さにして13mm、幅は4mm、大きくなっている。
その代わり、厚みは0.4mm薄くなった。
胸ポケットに入れることを考えると、高さが増すこと、そして色が赤であるのは、ちょ〜っと目立つ。
#色は自業自得。

HTC SENSE HOME(標準のホームアプリ)は、別に使いたいわけではないのだが、GPSをトグルスイッチで切り替えられるウィジェットを配置できるのが、今のところ、このホームアプリだけみたいなので……。

同様にトグル切替できるGPSのウィジェットがあれば、今すぐにでも他のホームアプリに乗り換えたいところ。どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひとも合いの手を……いや、愛の手を。

多少の熱と多少のデカさには目をつむり

思いのほかデカいのは、まあしょうがない。
すさまじく発熱するのも、知らなかったわけではないので、こんなもんかと思いつつ、共犯以下と言われると、素直にうんとは頷きづらいのも確か。

こうして見ると、端末に求める要素が、あまりなくなってきた気がする。
新機種情報を追い求める情熱も、以前に比べて、かなり低くなった。
前回のHTL22、今回のHTV31と、発売からしばらく経って買い替えているあたりにも、その熱意の低さがうかがえる。

とはいえ、HTCのシリーズは、ボディーカラーに赤があるのが特徴の一つ。
前回は(販売終了で)手にすることができなかった赤を、今回こそはゲット。

とはいえ、端末カバーをつけてしまうと、せっかくの赤もほとんど見えない……
ということで、カバーも類似のカラーリングでまとめた(モノはレイ・アウト社のRT-HTV31C4/R)。

HTV31と本体カバー(RT-HTV31C4/R)

今のところ、いー感じ。
だったら、別にボディは赤じゃなくてもいいんじゃないか、ということに気付いたのは、あとの話。
とりあえず、今は満足して使っておりまする。

posted by たいにー at 18:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | ケータイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月20日

たいにーの動静っ中年・10月第一週(9/28〜10/4)〜眠りから覚めし名優たち

空から降ってきた少女……じゃなくて異物

久々に武蔵小杉が、全国のニュースを賑わせた。
ネタは、人気の街……でも、地価の高騰……でもなく。

親方! 空から女の子が!
……いや、皿が! カップが! ペットボトルが!
高層マンションの上層階と思しき所から、さまざまなモノが落ちてきた、これはまぎれもない『事件』。

駅前の高層マンション近辺で、何日かに渡って、頭上からモノが降ってくるのが確認された。
今のところ、被害者は出ていないものの、一歩間違えば大惨事になりかねないのは、誰の目にも明らか。

このおかげで、フーディアム武蔵小杉の近辺では、連日の厳戒態勢。警察車両が常駐し、警察官が四方、および上空に目を光らせる。

高層階からモノを落とすなぞ、アホな人もいたもんだと思ってしまうが、マンション住人にとっては深刻な問題。人的被害もさることながら、風評被害による資産価値の目減りを気にする人も少なからず。傍から見ると、なんとくだらない……と思うかもしれないが、当事者にとっては笑い事では済まされない……らしい。

どこぞのお子様による愚行ではないかと、勝手に推察しているが、だとすれば、これ以上、周囲や家族を騒がせるのは、やめていただきたいものである。

我が押し入れに眠る往年の名機の誕生日

NECのパソコン、PC-8001をご存知の方は、結構なオッサンの可能性高し。
9月28日は、そのPC-8001の36回目の誕生日だった。

何を隠そう、私が最初に買ったパソコンこそ、このPC-8001である。
つまり、ワタシもいいオッサンということになる。反論のしようもない。

定価168,000円。中古で59,800円という値段ではあったが、それでも子供の時分だったワタシにとっては高根の花。貯めていた貯金で親を説得して買ったのを、今でも覚えている。

その後、発売されたPC-8001mk2、あるいはPC-8801などと比べると、PC-8001は、圧倒的に処理能力で劣っていた。特にグラフィックや音楽など、マルチメディア系の機能が壊滅的で、ゲームなどはほとんど遊べなかったものだ。

そんなPC-8001が、もう36歳か。
そりゃ、ワタシも歳を取るわけだ。

実家の押し入れのどこかに、まだ眠っているはずのPC-8001。
まだ電源は入るだろうか?
あ、でも接続するディスプレイがないや……。

評価されたのは、最弱チームの下剋上、そしてその勝ち方

イングランドで行われている、ラグビーW杯。
それまで、ラグビーW杯について日本で話題になったことと言えば、次回2019年の開催が日本になること、そしてそのときまでに新国立競技場を完成させ、間に合わせたかったのだが、これを断念したことくらい。興味を示す人は、ほとんどいなかった。

だが、初戦・南アフリカ戦で、その状況は一変。
優勝候補の一角で、優勝経験もある南アフリカを、格下の日本が破ったことで、日本は沸いた。特に試合終了直前、引き分け狙いのペナルティキックではなく、あくまで逆転トライを狙ったスクラムを選択し、そして勝利したことが、日本のみならず、多くのラグビーファンの心をつかんだ。

その後、スコットランドには惨敗を喫したものの、今週のサモア戦では、五郎丸選手が適格にゴールを決め続け、終わってみれば26−5の圧勝。いつから日本は、こんなに安定したラグビーを魅せるようになったのか。

ここまでくると、もはや世界が味方してくれている。
条件は厳しいが、アメリカ戦に勝ち、なんとか決勝トーナメントに進出してほしいものである。

※後日註
残念ながら、勝ち点差で南アフリカ、スコットランドに及ばず、惜しくも決勝トーナメント進出はならなかった。だが『史上最強の敗者』の肩書を胸に、国内リーグ、そして次回W杯でも、暴れてほしい。

 

今週のオマケ。
コンビニの飲料コーナーで、ワタシはふと立ち止まる。

古き良きゲームタイトル目当てに缶コーヒー

続きを読む
posted by たいにー at 01:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月19日

たいにーの動静っ中年・9月第四週(9/21〜9/27)〜敵現れしは、時すでに遅く

光の見えない、沖縄県知事の目指す道

沖縄県の翁長県知事が、国連で演説を行った。
演説の趣旨は、沖縄・普天間基地の辺野古移設計画について、沖縄県民の人権がないがしろにされているというもの。

日本国内、および米国で同等の内容を主張した翁長知事は、ついに国連(スイス)の場にも打って出た。言うまでもなく、国際世論に沖縄の基地問題を訴え、ひいては日本、および米国の世論へも影響を及ぼそうというのが目的だ。

沖縄の基地問題は、確かに議論する必要がある。
県外に居住する私でも、現状が必ずしもよいとは考えていない。

ただ、物事には状況、および順序というものがある。
今、仮に沖縄から米軍基地がすべてなくなったらどうなるのか。軍拡を続ける中国の脅威に最前線で晒されている沖縄県が、現状よりも状況を好転させることができるとは、到底思えない。現に、尖閣諸島近辺の領海は、まるで日常茶飯事のごとく、侵犯され続けているのだ。

また、ことさらに人権問題を論じるなら、基地問題の前に、日米地位協定を論じるべきだ。こちらの方が、よほど沖縄、ひいては日本国民の人権を貶めている。まず日米地位協定に斬り込み、その上で基地問題に言及すれば、沖縄のみならず、日本全土の理解も(今よりは)得やすくなるはずだ。

翁長知事が政治家ではなく、一活動家の長にしか見えないのは、そのあたりの姿勢が影響しているのかもしれない。

突如としてそのメロディは消えた

ドイツ・フォルクスワーゲン(VW)が、やってくれた。
というか、やっちまった。

同社のディーゼルエンジン車が、アメリカの排ガス規制に抵触すると指摘された問題、VW社は、規制検査での不正行為を大筋で認めたもんだから、さあ大変。

問題の対象となったVW車の数は、全世界で1100万台。
先ごろ、トヨタのプリウスαが、車の制御ソフト不備によってリコールした台数が(国内だけだけど)約30万台であったことを考えると、その膨大さが分かる。

そもそもは、検査のときにだけ排ガス能力を抑制するような不正ソフトウェアを意図的に組み込んだのが原因。排ガス能力は(地域にもよるが)そのまま車にかかる税金にも直結するケースが多いため、単純に非不正ソフトに書きかえてめでたしめでたし、とはならない。税制優遇を受けるための排ガス能力が担保されなくなるからだ。

VW社といえば、去る8月、スズキが資本提携を解消したのが記憶に新しい。
周囲からは賛否両論入り乱れたが、万難を排し、提携解消に踏み切ったところに、鈴木会長の先見の明を感じずにはいられない。

そういえば、あれだけゴキゲンワーゲンとしつこく歌っていたCMは、突如として流れなくなった。
ゴキゲンどころか、不機嫌ワーゲンになったといってもいい、今回の問題。
EU随一の勝ち組だったはずのドイツ艦隊が、今、難民の襲来と共に沈もうとしている。
やけくそになって、戦争とか、おっぱじめたりしねーだろーな。

姿変り果てようとも、ココロは死なず

女優の川島なお美さんが、54歳の若さで死去した。
死因は胆管がん。

9月上旬、シャンパンブランドのイベントに登場した川島さん。
そのあまりにもやせ細った姿を見て、あまり好ましい表現ではないが、皮膚と骨のみという形容をせざるを得ない思いだった。
彼女の姿を見て、他界直前の今井雅之氏の姿をだぶらせた方も多いに違いない。

そして彼女は、今井氏と同じく、公の場に劇的に痩せた姿を見せて間もなく、この世を去ってしまった。

「私は大丈夫」と気丈に語っていた彼女だが、このときすでに、ご自分の死期を悟っていたのかもしれない。旦那さんと共に、普段と変わらぬ笑顔で取材陣に接していたその様子は、亡くなった今となっては、胸を締め付けられるばかり。

思えば、任天堂の故・岩田聡前社長も、55歳の若さで、しかも同じ胆管がんで、この世を去られている。忙しい方であればあるほど、自分の体を顧みる機会が減り、健康に対して慢心になってしまう傾向が強いかもしれないが、相次ぐ訃報が、そういった油断に対する警鐘になることを願わずにはいられない。

それこそが、先立たれた故人への供養となるような気がする。

 

今週のオマケ。
みんな回答したかい?
噂の国勢調査。

キミは全国の1/3に入ったか?

続きを読む
posted by たいにー at 23:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月11日

おでん以外の充実ぶりに目を見張る、小さく素朴なおでん居酒屋 夢や ぽってり

今回は、新丸子のおでん居酒屋『夢や ぽってり』。
こちら、割と以前からあるお店で、何度か店の前を通り過ぎつつ、いつか来たいな〜、いつか来たいな〜、と思いつつも、なかなかその機会がなかった。

とある週末に、何年か越しの訪問。
ようやく、ようやくである。

外からでもなんとなくうかがえたお店の中は、予想に違わず、広くはない。
カウンターが6席ほど、奥のテーブルが2卓。
なんとなくだけど、おでんをメインに据える居酒屋は、良くも悪くも、この手狭感が特徴的な気がする。

ただ、手狭なお店は、居合わせた他のお客さんが騒がしいと、どうしようもない、というリスクも。
まあ、このあたりは運任せ。騒がしさととるか、賑やかさととるか、まさに紙一重の世界。

余計なことは考えず、あれこれ頼んでみましょーか。

どんどん、おでん居酒屋から遠ざかっていく注文内容

おでん各種(夢やぽってり)

おでん居酒屋というからには、おでんを頼まないことには始まらない。
お皿の中身は、大根×2、しらたき×2、牛すじ、厚揚げ。
注文の仕方としては、単品のほか、おまかせの3点盛、5点盛といった頼み方も。言うまでもなく、後者の方がお得になる。

おでんは、間違いないですな。特に、これからの季節は重宝しそう。
アンタ(大根)、ダシ汁が染みてるぜ。

砂肝のガーリック炒め(夢やぽってり)

砂肝好きのワタシには避けて通れない、砂肝のガーリック炒め。
にんにくダレの中に、しょうがとマヨネーズだろうか? ピリッと感とまろやか感をまとった砂肝。
そうか、しょうがとマヨか。これは家でも試してみなければ、と思いつつ、モリモリ食う。

枝豆のガーリック炒め(夢やぽってり)

同じガーリックでも、こちらは枝豆のガーリック炒め。
皮の中にも少し味が染みてはいるものの、この料理は決して食べはしない皮にまとわりついた味を口の中に残しつつ、中の豆をかき出して食す、このトリッキーな食べ方が面白い。

買ってきて茹でた枝豆を調理するのは、いささか抵抗のあるところだが、茹でてから時間が経過していたり、冷凍ものの枝豆であれば、家でも作ってみたい一品だ。ビールのおつまみとして、普通の枝豆とは、また少し趣の異なる品となること、請け合いだ。

きゅうりと長芋の梅たたき(夢やぽってり)

こちらは一点、さっぱりと。きゅうりと長芋の梅たたき。
梅肉と相性のいいきゅうりと長芋を、一つの皿にむりやり相席させた一品。きゅうりと長芋の相性は分からないが、最終的に梅肉がちゃんと仲を取り持ってくれているので、味わいもさっぱり感も、きちんとまとまっている。

梅をまとった長芋が、遠目にカニ肉に見える……のは、ワタシだけだろうな、きっと。

納豆詰め油揚げ焼き(夢やぽってり)

一見して分かりにくいこちらは、納豆詰め油揚げ焼き。
油揚げの中には、しっかり納豆封入。揚げの香ばしさと納豆の風味、そこにかつおぶしと少しの醤油が、食欲かきたてりんぐ。

中身もさることながら、温度感も一見しては分かりにくい。
お召し上がりの際は、ヤケドに注意。

サーロインステーキ(夢やぽってり)

ちょっとがっつり系のメニューもほしいな、と思って頼んだのが、こちらのサーロインステーキ。
鉄板の上に、ジュージュー状態で出てくるので、見た目通り熱い。お肉だけでなく、鉄板もヤケド注意。

お肉の感じは、いたってふつーというか、専門店と比べるのは野暮というものだが、お酒のつまみとしていただくには十分な一皿。というか、これを食べてる時点で、おでん居酒屋にいるという事実を忘れかけている自分がいる。

で、意外と食欲のあったこの日、最後に注文したのが、

初島岩海苔ラーメン(夢やぽってり)

初島岩海苔ラーメン。
オーソドックスな醤油ラーメンに、岩海苔をどどんとトッピング。スープを全部飲み干すのは体に悪いとか、分かっちゃいるけど、岩海苔を残すもったいなさの方が勝ってしまう、悲しき貧乏性。

ごちそーさまでした。

小さなお店に詰め込まれた数々の魅力とは

『居酒屋』というカテゴリが、ある程度の幅を許容させているとはいえ、ご覧いただいた通り、注文内容は『おでん居酒屋』の名前からは縁遠いものも少なからず。

実際、こちらのメニューを見てみると、サラダや一品おつまみの類はともかく、オムレツからチャーハン、麻婆豆腐に至るまで、実にバラエティに富んでいる。おでんだけでなく、串揚げも幅広く取り揃えており、『おでん居酒屋』の看板がなければ、ジャンルが特定しづらいラインナップでは、ある。最近、Season5の放送が始まった『孤独のグルメ』に登場しそうなお店では、ある。

肝心のおでんは、味に関しては及第点。
惜しむらくは、もう少し、おでん種の数が欲しいかな、というところ。季節や時期によっても異なるのかもしれないが、おでんでは定番どころのこんにゃくやつみれの類がなかったのが、家人はいささか残念だった模様。

とはいえ、そういったデメリットを覆すパワーが、この店には、ある。

まず、なんといっても、値段が安い。
料理の価格は、そのほとんどが300円〜400円台。異色のサーロインステーキですら、700円。ラーメンだって、500円に届かず。三ちゃん食堂に勝るとも劣らぬ衝撃価格だ。

さらにこちらのお店、ハッピーアワーと称して、15時〜19時までは、アルコール類が150円引きとなる。
元々の価格設定が安めな上に、このプライスダウンはありがたい。
欲を言えば、お酒もいろいろ種類が欲しい気がするが(日本酒、もしくは焼酎で)。

んでもって、お店を切り盛りするご夫婦との距離の近さも、また魅力の一つ。
基本的には、明るい奥様がお店のムードメーカー。調理を担当する旦那さんは、ひたすら寡黙で多言を要さず……かと思いきや、調理の手が止まっている間は、積極的に会話に参加される。お喋りもそこそこに、調理の手がおろそかになるという人もいるだけに、このメリハリの利かせ方は、評価に値するかも。

お店に入るまでが、若干敷居が高いかもしれないが、入ってしまえば、ハイそれまでよ。
夕方から一杯ひっかけたい呑兵衛にはうってつけ。
『せんべろ』(1000円でべろべろに酔えるお店の俗称)も不可能ではない。

季節はこれから冬、本格的に、おでんが恋しくなる季節がやってくる。
身も心もあったかくなれそうなお店。
その意味でも、武蔵小杉・新丸子界隈では貴重なお店だ。

[ここに地図が表示されます]
posted by たいにー at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 武蔵小杉・新丸子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年10月08日

たいにーの動静っ中年・9月第三週(9/14〜9/20)〜危険なのは人?国?それともシステム?

燃やすのは闘志と心だけにしてくんろ

8月から9月にかけて発生したJR施設における不審火の犯行にかかわった可能性があるとして、42歳の容疑者が逮捕された。

職業は、自称ミュージシャン。
高校卒業後、定職に就くことなくミュージシャンの道を目指すも、まったく大成せず。一人暮らししたいと家を飛び出すも、両親から仕送りをもらい続ける生活。

通常、芸で飯を食って行こうとする人は、明日の生活もままらなない危機感と悲壮感に苛まれつつ、必死に取り組んでなお、その中の一握りしか花開かないというのが普通だ。

にもかかわらず、こんなぬるま湯に浸かって結果を求めようなど、ミュージシャンの卵が100人いたら、100人とも「ふざけるな」と言うに違いない。

なんでも容疑者の言い分は「大量の電力を消費していたJRが許せなかった」とのこと。
だとすれば、アナタの行動のおかげで、多くの社会行動が阻害され、大いなる経済損失を招いたことについては、どう考えているのか。まあ、何も考えていないだろうけど。

ところで、この容疑者が作った歌の歌詞に『燃やせ』を連呼するフレーズがあるらしく、これが今回の犯罪行為を連想させる……という説があるのだけど、そんなこと言ってたら、『燃えあがれ』を連呼するガンダムの歌(翔べ! ガンダム)は、放火魔の前兆か?

日本は難民受け入れに足る国なのか

シリアからEU各国へ向かう難民が国際問題化している。
大規模な群衆の流れは、まさに民族大移動。鉄道や車だけでなく、何百キロも歩いてでも、安寧の地を求め、彼らは祖国を去った。

一義的には、内戦によるシリアの国内情勢に問題があるということになるが、その背景には、政府軍を支援するロシアと、シリア国民連合(反体制派)を支援するアメリカ、EUといった構図があり、さながら米露の代理戦争と言えなくもない。

難民問題は、遠く離れた日本にも飛び火。
日本の難民受け入れ実績が極端に低い事実も取り上げられ、問題の種となっている。

遠い地からではあるが、一つ言わせていただきたい。
日本は単一民族国家である。言語圏も日本語のみで、基本的に日本語ができないと生活できない。そんな中で、急場しのぎで難民を受け入れたところで、本人たちが満足に生活していけるとは、到底思えない。日本語などの各種教育を積極的に受ける意思のある人なら話は別だが、近隣のEUではなく、わざわざ日本を目指すのは、どうにも理由に乏しい。

もう一つは、治安の問題。
日本は世界的に見ても、極めて高い治安を誇る国家である。外国人による犯罪を報道すると、民族差別だのなんだのというバッシングを聞くことがあるが、それは相対的に外国人による犯罪比率が高い(=日本人よりも治安意識が低い)からだと、私は考えている。

日本人が持つ秩序、および法令順守の精神を海外の方に理解してもらうのは、実は結構ハードルが高いことなんじゃないかと思うのだ。

郷に入りて郷に従え。
海外の人を受け入れる前提としては、至極当然だと思うのだが、いかがだろうか。

無抵抗であることは安全と同義か

安保法案が可決、成立した。
直前まで、あるいは可決したあとになっても、国会議事堂周辺では、安保法案反対のデモが巻き起こった。

ただ、見ている限り、デモというよりは、ただのイベント。
若い人たちが集まって、騒ぎたいだけ騒いでいる、そんなイメージ。

もちろん、中にはしっかりとした信念をお持ちの方もいらっしゃるのかもしれないが、『戦争法案』という言葉を使うと、反対派に訴えかけるメッセージとしては、非常に分かりやすくなる。

この法案に反対している人は、そもそも戦闘活動を実行可能な自衛隊の存在も否定するべきだと思う。反対派の論理だと、そもそも今の自衛隊も『戦争可能な戦力を持つ部隊』ということになるのだから。

『戦争はするべきでない』というのは、子供でも分かる真理である。
だが、現実に戦争は起こり、歴史は繰り返してきた。正論を並べていれば戦争に加担せずに済むかと言われれば、そうとは言い切れない。

完全なる自立を唱えるのであれば、スイスのごとく、周辺国に左右されない確たる軍を持つべき……という話になると思うのだが、そんなことになれば、自衛どころか侵略国家の誕生だと『内外から』非難が出るのは必至。

じゃあ、どうしろと。
一度他国に侵略されろってことですかね。
御免こうむるけど。

 

今週のオマケ。
やはり教育は大事。

いつになっても揃わない注文の品

続きを読む
posted by たいにー at 23:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする